松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

浴室リフォーム 松本市Kさま邸 タイルのお風呂

| コメント(0)

Kさま邸のお風呂は、俗に言う 「在来のお風呂」

なにが「在来」かというと、
最近の「ユニットバス」に対して、
「在来」と呼んでいますが、一般的に「壁と床がタイルのお風呂」です。

今回のトラブルでも、一番先に提案したのは、
「暖かくなるので、ユニットバスに変えませんか!」でした。
ところがKさまの返事は、
「ユニットは狭いし、いやだ。それに今のお風呂は寒くない」

平成5年から建築業界で仕事をしていますが、
その間に作ったお風呂はすべて「ユニットバス」でした。
ですから、「お風呂 = ユニットバス」と思っていました。
タイルのお風呂は「寒い」という感覚でした。

ところがKさまのおっしゃるに、
「お湯を薪で沸かすので、寒くない」
確かに薪で沸かしたお湯は暖かかさが違うと思います。
それと、もうひとつの暖かかさの秘訣は
窓の外にはボイラー室があり、その外側にもサッシを入れている。
ことだと、最近気が付きました。

s-IMG_7854.jpg


正面のブロック壁の向こう側がお風呂です。
お風呂で一番寒さを感じるところが窓です。
ユニットバスでも、サッシの性能が低いと、寒さを感じます。
裸に、窓を通る冷気は、敏感です。

そのまどの外に「ボイラー室」
ボイラー室の外側に、もう1枚のサッシ。
これなら、窓からの冷気はほとんど防げるでしょう。

固定観念を捨てて、お客さまの言葉に耳を傾けることと、
現場をしっかり観察して、現状をしっかり見ることの大切さを、
今回あらためて学ばさせていただきました。

ありがとうございます。

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ