松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

安曇野古民家リフォーム 1階床下地 2022.06.19

| コメント(0)

1月下旬から、
安曇野古民家のリフォーム始めました。

4月下旬。
床下地組の工事が完成です。

①根太組
  ひのきの大引きの上に、
  基礎正しく、同じ間隔で
  根太を固定します。
s-DSCF7903.jpg

②床下断熱材
  「ネオマフォーム」
  厚さは50mmで厚くはありませんが、
  断熱性能がものすごく高いので、
  通常品だど2倍以上の厚さになります。
s-DSCF7905.jpg
③断熱材取付
  幅を、「緩すぎない、きつすぎない」寸法にカット。
  根太の間にはめ込んでいきます。
  大切なのは、
  「緩すぎる」と断熱性のダウン。
  「きつすぎる」とはめ込めない。

s-DSCN0900.jpg
s-DSCN0898.jpg


④下地合板貼り
  ここまでくれば、あとは下地合板を貼るだけ。
  最近は「ひのき合板」使っています。
  「ウクライナ」以降、以前の2倍以上になった合板。
  早く、紛争が解決して欲しい。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 3月末から4月中旬にかけて床...
いろいろなお宅に行って仕事をすると、なかには、とんでもない仕事に出くわすこともあ...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 3月末、床下地工事で、「けや...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 3月末に、土間のコンクリート...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 3月は、ほぼ、1階の解体。 ...
昨年から供給量がものすごく落ちて、注文しても入荷は数か月後、となっている「ボイラ...
「安曇野市古民家リフォーム」をアップしていて気が付いた。 去年のGW明けに完成し...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。   2階の床の後は、2階の窓...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 わたしは1階の天井掃除をして...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ