松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

景気が悪いと、良くない業者が暗躍する!? 2022.10.10

| コメント(0)

鉄の値段が上がると、廃品回収業者の車が良く回ってくる。

これは、業界の人が言った言葉です。

 

「景気が悪いと、良くない業者が増えるのか?」

1.お隣、筑北村のお客さまから電話

 「家の排水の配管を洗浄してもらったんだけど、
  床下を見たら、柱が濡れていると言って、
  うちで手配する専門家に見てもらった方が良い
  と言われた。どうだろうか?」

 よくある「悪〇業者」の手口です。
s-DSCF1160.jpgs-DSCF1161.jpg こんなチラシが入っていて、
 ちょうど「排水が詰まると大変」という話を近所の人としていたので、
 お願いしたそうです。

 2人で来て、1人が配管洗浄している間じゅう、
 もう1人は家のまわりをいろいろ見ながら、うろうろしていて不信?

 洗浄が終わって、業者の人が
 「洗浄が原因で、床下の配管が壊れていると
  うちの責任問題になるので、床下見せて」

 変だなあ、と思ったけれど、見てもらったら、
 H社「大変ですよ、床下の『柱』が3本ほど濡れています
    しっかり見てもらった方が良いので、
    いつもお願いしている専門家が近くにいるので
    見てもらいましょう!」

 Aさん「うちには、いつもお願いしている大工さんがいるので、
     大丈夫です」
 H社「大工さんじゃ、これは対処できませんよ」

 心配になったAさんの旦那さんから電話でした。

 私「まあ、悪〇業者の手口に近いから、
   やめた方がいいですよ。私が床下点検しましょうか?」

 それで、後日、点検に訪問しました。
 床下を点検すると、
 『柱』ではなく、『束(床を支える木の材料)』が、
 建築当時に塗った「防腐防蟻剤」で濡れたように見えるだけ。
 こんな言葉も知らないのか?濡れと塗装の判断もつかないのか?

 奥さんと話をしてると、
 Aさん「床下から出てきて、ぼそぼそと、でも私に聞こえるように
    『これは500万円くらいかかるかな』と言っていた。
    なんか怪しいと思ったけれど」

 私「よくある手です。床下はまず自分で見ないので、なんでも言えます。
   最悪は自分で持ち込んだシロアリの写真を見せて、駆除を勧めたり、
   重大な欠陥があると言って修理の契約を勧めたり。
   本当は500万円かかるけれど、配管洗浄してもらった縁なので、
   半額の250万円でいいよ、と言ったり」
   典型的な詐欺の手口です。(この業者が詐欺かどうかはわかりません)

 Aさん「今回はお陰で、22,000円ですんで良かった。勉強代だね笑」

   笑い話ですんで良かったです。

2.長野市から電話

 「広告が入っていて、12,000円で配管洗浄します。ただし洗浄後
  床下の調査をします。と言われて契約して、洗浄したけれど、
  不安になってネットで検索したら、そちらのホームページがあった」

 2011年2012年に書いたブログがヒットしたようです。
 ブログ内検索「配管洗浄」
 

 お話しすると、あさってその床下点検に来るとの事。
 でも知り合いの建築士にも相談しているそうなので、
 その時に同席してもらうように頼んだ方が良いと
 アドバイスしました。

 後日様子をお聞きすると、
 「建築士さんが『床下の調査は必要ない』と言ってくれて、
  調査はしなかったけれど、契約違反なので金額は倍の
  25,000円くらい払った」そうです。

 これも、ちょっと高い勉強代ですね。
 でも、うちのホームページがお役に立って良かった!

 景気が悪いと、なんとか利益を得ようと、
 サギも暗躍するそうです。
 お気を付けください。

 

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
雨漏りのセカンドオピニオン 不良工事?の後始末 始まりは、去年いただいた1通のメ...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 お盆前の12日に、無事引渡し...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 内装工事が終わると、設備屋さ...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 7月に大工工事が終わり、今、...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 7月ももうおしまい。ようやく...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 6月はじめ。玄関サッシの取付...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 4月下旬。床下地組の工事が完...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 3月末から4月中旬にかけて床...
いろいろなお宅に行って仕事をすると、なかには、とんでもない仕事に出くわすこともあ...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

  • 安心の住まいづくり
  • プロの誇り
  • 女性の視点
  • 一般社団法人 信州木造住宅協会

上へ