松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

2022年 新年あけましておめでとうございます

| コメント(0)

2022年も、無事にあけました。
あらためて、あけましておめでとうございます。

社長のわたくし、
年末年始は、石川県の実家に帰省しており、
何かとご不便おかけしました。

松本市で、最低気温マイナス10℃を記録した2日。
2件の「凍って水がでない、お湯が出ない!」コールがありました。
状況を電話で聞きながら、リモートで対応策をお教えして、
2件とも無事に「開通!」。
意外に、リモートでも、できます。笑

仕事始めの1月6日。
最低気温マイナス5.5℃
「ボイラーの追炊きと自動お湯張りができない!!」コール。
背筋が凍ります。

s-DSCF5777.jpgノーリツさんの「2007年製」ボイラー
普通なら、製造後14年経っているので、
修理したくても部品がありません。
取替えたくても、新しいボイラーがありません。
背筋が凍ります。

それでも、念のためにノーリツさんに電話すると
「部品はありますよ!!」
と、神様に会ったようなお言葉。
すぐに修理依頼しました。

メンテ担当者さんからは、
エラーコードが「562」なので、
配管が凍っているかもしれないから、
溶かしておいてくださいとの指示。

s-DSCF5778.jpg30年前の新築のお宅だったので、
追炊き用のペアチューブは保温がしっかり出来ていなくて、
凍結防止帯も付けてありません。
(今は、必ず保温施工します)

s-IMG_3611.jpg

s-IMG_3613.jpg無事に配管の氷が解けた様子なので、
試しに「追炊き」してみると、
なんと、正常に追炊きできます!

メンテさんが来るのは明日。
それまでに配管が凍らないように、
仮の保温をしっかりしました。

s-IMG_3614.jpgs-IMG_3616.jpgs-IMG_3617.jpg今日7日。
夕方遅くにようやくメンテさんが来て、

s-IMG_3626.jpgs-DSCF5781.jpgs-DSCF5782.jpgボイラーのチェックをしてもらいましたが、
機械には異常はないようです。
原因は、循環用の配管ペアチューブが凍った事のようです。
「とりあえず、様子を見てください」
とのことです。

まずは、一安心。
でも、14年経過したボイラーは、
いつ本当に壊れるかわかりません。
お客さまには、
「新しいボイラーに交換しましょう!」
と言って、OKいただきました。

早速注文しましたが、
どうも、納品になるのは「4月上旬」の様子です。
それまで、故障しないでね!!

石油(灯油)を燃料にするボイラー、給湯器の
主なメーカーは、
ノーリツ
コロナ
です。
今回でも、ノーリツさんは製造後10年を経過した機種の部品を持っていました。
他の件でも、ノーリツさんのアフターは、かなりしっかりしていると思います。
コロナさんのボイラーの方が、少し早く入手できそうですが、
わたしは、これからも、ノーリツさんのボイラーを積極的に使います。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。   2階の床の後は、2階の窓...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 わたしは1階の天井掃除をして...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。 2月1日2日。大工が2階の工...
1月下旬から、安曇野古民家のリフォーム始めました。   調査を始めたのは、2年前...
2022年2月7日「ボイラーから水が漏れてるけど、見てもらえる?」   背中に冷...
毎日の暮らしの困った⤵ を 良かった⤴ に変える! 「くらしのかわら版」で、地域...
「幸運↗ 不運↓」で紹介したお宅の、エコキュート取替工事が、19日、20日に無事...
2022年1月22日松本市の松本測候所での最低気温マイナス9.9℃四賀地区は、約...
新聞折込広告を「四賀地区」「筑北村」「麻績村」に1月9日(日)に入れました。 日...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ