松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

スレート瓦にご注意ください 1

| コメント(0)

20数年前から、10数年前頃まで、
鉄板の屋根の上に、
スレート瓦をのせる工事が流行りました。

当時の鉄板屋根は、塗装がはげると錆びやすくて、
何度も塗装する費用が大変との不満から、
「メンテナンスが不要」とのふれこみで
スレート瓦に葺き替えたお宅がありました。

しかし、10数年たって屋根に登ってみると、
「塗装も必要ない」、「メンテナンスも不要」という触れ込みの
スレート瓦が、ひどい状況になっていることがあります。

波田地区にお住まいの Iさま邸。

スレート瓦のひび割れ2

 

スレート瓦にひびが入って、割れています。
その数が、異常なくらい多い。

 

スレート瓦のひび割れ1

 

北側の屋根などは、ひび割れていない瓦がないくらいの状況でした。
こうなっては、もう、屋根としての機能は果たしていません。
下の鉄板屋根があるので、なんとか雨漏りはしていないようですが、
スレート瓦を止めてある釘穴から、いつ雨漏りしてもおかしくありません。

実はこのスレート瓦。
かなり問題のある商品で、
施工方法にも、問題が多い工事です。

なぜか、1つのお宅で見つかると、
次々と発見されるもの。
大きな問題になりそうです。

昔、スレート瓦に葺き替え工事をしたお宅は、
十分ご注意ください。

心配な方は、「さいとうけんちく」までご相談いただければ、
長野県中信地方に限り、点検にお伺いします。

お問い合わせは、こちらまでどうぞ。

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ