松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

古民家 2階リフォーム その2

| コメント(0)
古民家リフォーム その2


2階の床と、1階の天井を兼ねた下地の「根太」がつけば、
床兼天井の「Jパネル」を貼る作業になります。


この「Jパネル」は、何度か使いましたが、
なかなかのすぐれもの。
杉の1.2cm板を3枚張り合わせて、厚さ3.6cmの1枚の板に仕上げています。


1枚1枚は高価なのですが、
91cm×182cmの大判な板なので、
作業ははかどります。


s-DSC03172.jpg


s-DSC03186.jpg


貼りあげると、裏側は、

s-DSC03173.jpg


これなら、古民家の雰囲気を残しつつ、
スマートに、きれいに仕上がると思います。


ここで、大工の工夫。
Jパネルを根太に固定するのに、
ビスを使いますが、仕上がりをきれいにするために
「ダホ穴」と呼ばれる穴を開けて、そこでビスを固定し、
ダホ穴を「ダホ」で埋めます。

s-DSC03189.jpg

手前が、ダホ穴。
奥が、ダホで埋めた穴。
ダホも、普通に売ってるものではなくて、
板と同じ杉材でつくって、同じ感じのものを使うと、
見た感じが、「穴を埋めた」とは思えないくらいになります。


s-DSC03190.jpg


大工って、こんな風に、仕事するんです。
意外に(?)、細かいんです。
だから、そこが、日曜大工と違うんです。
だから、時間もかかるんです。


時間を短くすれば、それはそれで、お安く提供できるので、
いい面もありますが、最近の風潮では、
考えられないくらいの短い時間で新築工事が終わることが多いそうです。


安いに越したことはないかもしれませんが、
「軽井沢のバス事故」ではないけれど、
安いだけがいいわけじゃない。


そこは、みなさんにも、わかってほしいことでもあります。





コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ