松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

大雪の、つららに注目!

| コメント(0)
新年からの暖冬に終止符がうたれ、
信州安曇野も、約30cmの積雪。
しかも、これまでとはうって変わって、寒い!


そのせいで、「つらら」多数お目見えしています。
でも、この「つらら」は、あまり良い兆候ではありません。


家の断熱が悪いと、屋根の雪が解けて、流れだして、
軒先から出たところで、再び凍って、「つらら」になります。
だから、「つらら」は、その家の、断熱性能のバロメーター。


いま、通気断熱WB工法で新築中のお宅は、はなれで、
隣りはお母屋。
その差が、一目瞭然です。


s-DSC03447.jpg


s-DSC03448.jpg


s-DSC03451.jpg


s-DSC03449.jpg



2年前の大雪でも、各所でつららが見えました。
そのなかでも、ビックリしたのは、当時新築2年目くらいのお宅。
普通なら、つららなんかできないはずなのに、近所のお宅以上に長いつらら。


どうしたのかな?と思いましたが、そのお宅に
「寒くないですか?」と聞くわけにもいかず、
ひとのお宅ながら心配していました。


ご覧のとおり、WB工法の家には、
ほとんどつららができていません!
いかがでしょうか!


ただし、1点注意が必要です。
「暖房していない家には、つららはできない!」
屋根の雪が解けませんから!
こちらも、工事中ですので、あまり暖房していません。
そのせいもあります・・・


コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ