松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

さいとうさん、建具屋さんもできるね!

| コメント(0)

おととし、お風呂・キッチンのリフォームをさせていただいたFさま。
「2階の押入れの戸が、動き悪くて・・・」 

 

お伺いして、しらべてみると、
「鴨居」と「レール」の中心がずれている。
ねじれているので、戸を動かすたびに、戸車に無理な力がかかって、
レールから外れるのだと思います。

s-DSC02357.jpg

 

直すには、レールを正しい位置に付け替える。

s-DSC02358.jpgs-DSC02359.jpgs-DSC02360.jpg

たった5mmと侮ることなかれ。
反対側も5mmずれていたので、
合わせて10mm。
これだけずれると、戸車にはかなりの力がかかります。

今のレールを取り外して、
新しいレールを入れます。
レールとレールの中心が、普通の寸法ではない(41mm)ので、
1本レールを2本入れる。イレギュラーです。

s-DSC02362.jpg

結果:非常にスム~~ズに戸が動くようになって、
   Fさま大満足!

もう1ヵ所あります。
こちらは、鴨居とレールの中心は、ずれていない。
でも、戸を開けたときに、
戸と枠にかなりの隙間ができます。

s-DSC02365.jpg


戸を、思い切って開けると、枠に戸が当たり、
隙間を埋めるために戸が斜めになります。
浮いたほうの戸車が、レールから外れる。
たぶん、それが原因。

仕方がないので、隙間を木で埋めて、
戸を開けても、戸が斜めにならないようにしました。

s-DSC02368.jpg

s-DSC02369.jpgレールも交換してほしいと言われ、
1番目と同じ方法で、交換しました。

結果:こちらも、動きがすごくスム~~ズになって、大満足。

この現象は、たぶん、新築当初からだと思います。
枠を入れるときに、「鴨居とレールは垂直に」「枠は垂直に付ける」
この基本ができていれば、後々、こんな工事は不要。
う~~~ん、某Hハウスという超有名建築会社の新築なんですけれど。。。。

うちは、地元に根差した、
ほんとうにちいさな建築会社ですが、
基本には忠実に!と思って工事しています。

最後に、お客様の一言。
「さいとうさん、建具屋さんもできるね!」笑

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
塩尻の「Hさま」から電話。「家の中に、ネズミが出てきて!大変なの!!助けて」  ...
前に、「ねずみ年は、ネズミが元気?」と、家の天井裏にネズミが入り込む相談があった...
コロナウィルスの影響ではありませんが・・・・しばらく更新滞っていました。   新...
今日は、「耐震診断」で、○○村のKさま邸へ! おうちの方からは、「ここも傾いてて...
2020年子年 やっぱり、「ことしは俺の年だ!」と思っているのでしょうか?新年早...
「その2」は、文書のみです。美味しそうなお寿司の写真や、山の写真はありません。笑...
新年早々、大工の嶋田と一緒に、富山県まで、往復410kmの講習会旅行!   「リ...
11月22日から30日の予定で、長野市で建築している「応急仮設住宅」の現場代理人...
10月のお仕事です!笑 8月お盆に「かわら版」を持って行ったときに、「玄関と裏口...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ