松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

10年後の水栓部品交換 2019.03.12

| コメント(0)

安曇野市のお客さまから電話。
「お風呂の水栓が、しっかり閉まらなくて」

浴槽にお湯、水を張る水栓が、しっかり閉まらなくて
水、お湯が蛇口から漏れるそうです。

 

s-DSC05908.jpg

赤丸のハンドルを、力いっぱい閉めても、
蛇口の先から、水が滴り落ちていました。

 

そんな時は、水栓メーカーさんに問い合わせて、
中の部品を購入して、交換すれば一発で解消!

 

するのですが・・・・
水栓に品番もメーカー名も無し・・・
ユニットバスににもメーカー名も無し・・・・
これでは、部品を探し当てる手立てがありません。

 

ところが、お客さまから、
「10年前にも、さいとうさんに直してもらったけれど」
と教えていただき、会社に戻って調べると、
ありました、ありました!
「10年前の工事記録」
昨年のお盆に整理した工事記録ファイル

s-DSC03332.jpg

去年の夏にまとめたファイル。
「Mさま」の記録もしっかり残っていて、
10年前の「部品購入記録」もしっかりありました!

 

後は簡単。
同じ部品を購入して、取り替えるだけ。

s-DSC05998.jpg

s-DSC05997.jpg

s-DSC05999.jpg

s-DSC06000.jpg

なかなかネジがゆるまず、苦労はしましたが、
無事に交換終了。
ところが、少し漏れます・・・・

 

お聞きすると、3か月ほど前から漏れていたと・・・
あまり漏れたままにすると、
水の通る箇所で、金属部分が削れて、
ゴムのパッキンではしっかり漏れが止まらなくなることもあります。

 

次回、10年後に漏れがひどくなったときは、
すぐにお知らせください!
とお願いしてきました。
でも、さすがに10年後には、部品はないかもしれません。。。。。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
トイレのトラブルは、「最優先事項」。 「2~3日待っててください」なんて、絶対に言えません。
今年1月の「ネズミ対策工事」に引き続いて、3月も「ネズミ対策工事」です。   ネ...
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ