松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

コウモリにご注意!

| コメント(0)

新規のお客さまから相談。
「家の周りに、細いフンがいつも落ちているんだけれど・・・」

早速お伺いして見てみると、
確かに、屋根の下に細いフンが多数落ちていました。
はしごで屋根の上を見ると!!!
下よりもはるかに大量のフンが!

s-DSC02903.jpg

見上げれば、「ヤギリ」が。
ためしに5か所あるすべてのヤギリを点検すると、
すべてのヤギリの下にフンが・・・

s-DSC02908.jpg

s-DSC02909.jpg

フンの写真を「害獣専門家」さんに送って見てもらったところ、
「アブラコウモリですね」だそうです。
すぐに対処をお願いしました。
ところが、屋根裏を見ても、どこにもコウモリはいません???

専門家さんも、「夜だけ来るのかなあ??」と不思議そうで、
それでもと、最後のヤギリを外から確認してみると、

s-DSC02993.jpg

いました!いました!
ヤギリの裏に大量のコウモリがいるそうです。
ひとりではヤギリが外れないので、
わたしも手伝って外してみると!

出るは出るは、飛び出したコウモリが20匹以上!!
写真が撮れなかったのが残念です。
数匹は、昼間の突然の巣の崩壊で、
ビックリしたのか地面に落ちてすぐには飛べず、

s-DSC02997.jpg

しばらくして、飛んでいってしまいした。
(「鳥獣保護」で、勝手に捕まえてはいけないそうです)

ヤギリの裏を見ると、

s-DSC02998.jpg

格子の裏に貼ってあるベニヤ板の裏が、
最高のねぐらになっていたようです。
板もかなり腐っていました。

ヤギリのついていた場所も、

s-DSC03000.jpg

かなり変色が激しく、
掃除も必要です。
それでも、屋根裏にコウモリが入らなかったのが救い。
通気口に網がかけてあるので、入らなかったとの事。
もし、屋根裏がコウモリの巣になっていたら、
大変なことになっていたそうです(専門家さん談)。

実は、あと4か所のヤギリにも、コウモリが巣を作っています。
早々に取り除きたいところですが、
信州でもこの猛暑!
屋根の上の作業は、
コウモリの危機よりも、わたしの危機が!

お客さまにはもう少し我慢していただき、
気温が下がったら、すぐに処理にお伺いすることにしました。

家の周りに注意することで、
こちらのお宅の「コウモリ」は発見できました。
家の周りに注意することはとても大切です。
「樋からの漏れ」「シロアリの被害」「換気口のふさがり」
いつも見ていれば、異常に早く気がつきます。

暑い毎日ですが、
たまには家の周りを歩いて観察してくださいネ!

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
建築業界では、おおむねお盆の時期は長期休暇になります。 日頃は、お休みが少なくて、「ブラック」と言われることも あるのかもしれませんが、盆正月の長期休みは必須。 だって、お客さまが盆正月に、がたがた仕事することを望みませんから。。。
もう少し、まめにアップできると良いのですが・・・(苦笑)
わたしが応援して、 「軒天(屋根の下で、壁から出ている箇所の裏側)」下地 を作っていたのは、すでに10日も前・・・のことですが。
建前から10日。 順調に工事は進んでいます。 嶋田棟梁一人では、工期が厳しいので、 わたしもできる限り応援で仕事させていただいています。
建前2日目も順調に進み、 わたしの祝詞で上棟式。
今日は、建前初日。 前日の土台敷きで、柱を素建てするまで完了。
基礎工事完了から、設備工事(水道、下水道工事)、 足場組み立て、建前用資材搬入。 極めて順調に進んでいます。
工事はGW前から解体、 GW中には、地盤調査、地鎮祭。 基礎工事も、今週で終了・・・ 途中の経過は超特急!
「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。 新築のお話が...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ