松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

松本市 N地区 「ごえん」リフォーム 2018.03.11

| コメント(0)

3.11
決して忘れるわけにはいかない日です。
阪神淡路大震災の1月17日と合わせて。

リフォーム工事の時に、「大地震」を想定して
耐震補強できるところは補強するようになりました。
無理な大きな開口を作って、建物が弱くなることをしなくなりました。

 

こちらのお宅も、2階の間仕切りを変えるために、
筋違を1本、取らなくてはいけなくなったので、
替りに、隣りの壁を「構造用合板」で補強しました。

わたしができる、唯一の鎮魂の表現でしょうか。
また、また松本地域に近い将来くるであろう、
大地震から、お客さまを少しでも守れるように。

耐震対策とは関係ありませんが、
日頃の生活が少しでも過ごしやすい家になるように、
不要なものを、撤去します。

中身はFFファンヒーターの入っているマントルピース。
昔は、見せかけの豪華さをだすために作られたものが、
いまでは、たんに、邪魔・・・

s-DSC00707.jpg

建築後、20数年経過した、木枠のなかに隠された温水ルームヒーター。
すでに耐用年数を越して、修理できません。動きません・・・

s-DSC00710-2.jpg

マントルピース撤去後

s-DSC01409.jpg

多少違和感はありますが、ここにはピアノを置くそうで、
つぎはぎ部分や日焼けしない跡は、ほぼ隠れてしまうでしょう。

2階の部屋も、こども室として、
新しく間仕切ります。
片方の部屋には、窓がなくなるので、
隣りの部屋との壁に、通気、換気、採光の窓の取付け。

s-DSC00973.jpg

s-DSC01035.jpg

昨日、内部の工事はほぼ完成して、
引越しもほぼ終わりそうです。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ