松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

お正月前の、お仕事 その2

| コメント(0)

今年の現場仕事も、あとすこし。

昨日は、安曇野市のお宅で、断熱材の工事。
今年の2月に、都会から引っ越してきたご家族。
あまりの寒さに、「今年の冬前に断熱リフォームしたい!」
と11月に連絡いただきました。


が、窓を高断熱サッシにの取替る工事は、年内には無理。
そこで、とりあえず、天井裏と、縁側の床下に
断熱材を入れる工事をさせていただきました。

s-DSC06794.jpg

押入れの天井を一部壊して、天井裏を確認すると、
やはり・・・
断熱材が一切ありません。

s-DSC06798.jpg

天井裏には、高性能グラスウール「アクリア 14K 厚さ100mm」
数年前によく使用していた、10K100mmとは段違いの断熱性能です。

s-DSC06799.jpg

s-DSC06800.jpg

s-DSC06803.jpg

グラスウールの施工は、丁寧さが命。
隙間なく敷き詰めることと、押入れなどで段差になっているところは、
壁にも垂れるようにして、一部は障害物を避けるように切り込みをいれて。

せっかくなので、押入れの天井には、ちょっと大きめの点検口取付。

s-DSC06804.jpg

今回は、居間の部分限定でしたので、
他の部分の施工時にも、ここからできますので、
次回の費用はいっそうお安くです。

縁側は、基礎の外側なので、まったく「外」と一緒です。
そこの床下に断熱材がないということは、
部屋の一部が、外と一緒ということ?

s-DSC06806.jpg

きれいな欅の床材ですが、ここを素足では歩けないでしょう。

s-DSC06808.jpg

床下には、高性能断熱材「ミラフォーム ラムダ 50mm」
発泡系断熱材も、どんどん性能が進化してきて、
どこまでアップするの?という感じです。

さすがに、床下の施工は、苦労しました。
巾が一定ではなくて、切るのも大変。
終始床下に寝転がって、上向いて、
首も痛くなるし・・・

s-DSC06811.jpg

午後1番から始めて、夕方暗くなってようやく完了。
落下しないように釘で押さえて、隙間には、シーリングをして、
ほぼ完成ですが、大きな隙間にウレタンを入れる工事は、
寒すぎて今日に延期しました。

これで、「床下から冷たい空気が入ってくるんですよ・・・」
という状態から解放されます。
それでも、外と同じ状況で、50mm1枚ではまだ断熱不足。
根太の下に、もう1枚断熱材を取付けることをお勧めしました。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
3.11決して忘れるわけにはいかない日です。阪神淡路大震災の1月17日と合わせて...
いよいよ、内部の工事も紹介します。内部は内部で、不思議な場所があって・・・なかな...
「5円」リフォームでは、ありません!!「ご縁」リフォームです!(笑)   この工...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
ここ3日間の松本市の最低気温、最高気温 25日  -8.2℃  -1.2℃ 26...
2018年も、いろいろあります。お客さまから突然の電話。「お湯の配管から、漏水!...
2018年も、いろいろありそうです。今年1年を占うような、最初のお仕事・・・  ...
2018年も始まって早2週間。 会社はお休み中ではありましたが、5日からお仕事し...
「木製玄関デッキを取り替える その1」 では、きれいに作り替えた玄関デッキを紹...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ