松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

里山暮らし・平屋 散水養生 2016.07.01

| コメント(0)

通気断熱WB工法 新築 「里山暮らし・平屋」

s-DSC05092.jpg

 

写真ではわかりにくいかもしれませんが、
基礎のコンクリートを打った後に、
表面に水を撒き、水没状態にしています。

 

s-DSC05087.jpg

 

打った直後の状態がこちら。
表面が少し光ったくらいですが、上の写真ではキラキラ。
水が溜まった様子がわかります?

 

この水を溜めることを「暑中養生」「散水養生」「冠水養生」と言います。
コンクリートは、「水」と「コンクリート成分」が化学反応で固まります。
夏場は、水が固まる前に「蒸発」してしまい、水不足になります。
また高温で化学反応が早く進みすぎます。
それを防いで、いいコンクリートにするための作業です。

 

これを怠ると、表面にひび割れがでて、コンクリートの強度も低くなります。
コンクリートの表面が、少し固まったくらいで、水を大量にまき、
水没するくらいにします。表面の温度が下がり、水の不要な蒸発を防ぎ、
しっかりと固まってゆくので、「いい感じ」のコンクリートになります。

 

さあ、「いいコンクリート」になったでしょうか?

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
3.11決して忘れるわけにはいかない日です。阪神淡路大震災の1月17日と合わせて...
いよいよ、内部の工事も紹介します。内部は内部で、不思議な場所があって・・・なかな...
「5円」リフォームでは、ありません!!「ご縁」リフォームです!(笑)   この工...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
ここ3日間の松本市の最低気温、最高気温 25日  -8.2℃  -1.2℃ 26...
2018年も、いろいろあります。お客さまから突然の電話。「お湯の配管から、漏水!...
2018年も、いろいろありそうです。今年1年を占うような、最初のお仕事・・・  ...
2018年も始まって早2週間。 会社はお休み中ではありましたが、5日からお仕事し...
「木製玄関デッキを取り替える その1」 では、きれいに作り替えた玄関デッキを紹...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ