松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

四賀 古民家再生 2013.03.14

| コメント(0)
四賀 古民家再生

前回の記事から、早3週間。
そのあいだも、工事は着々と進んでいたのですが、
ブログの更新は滞り・・・。

水まわりの増築部分も、無事建前もすみ、
順調に造作が進んでいます。

s-R0023718.jpg


s-R0023723.jpg

増築部分の材料は、すべて長野県産材です。
土台はヒノキ、柱・梁・桁は杉。
特に、梁・桁の杉材は、軽くて使いやすいです。

増築部の内部も、床下断熱に「セルロースファイバー」を使うため、
その下地を作る仕事が意外に大変です。

s-R0023875.jpg

根太、大引きの下に、セルロースファイバーを受ける下地の板を取り付けますが、
その間隔が広いと床下に垂れ下がってしまいます。

s-R0023877.jpg

下地板の上に、透湿防風紙をきれいに敷いて、
セルロースファイバーが均一に、しっかり断熱性能を出せるようにします。

簡単そうに見えて、細かい作業で、意外に時間がかかりますが、
ここをきちんと施工していないと、将来断熱性能が下がるかもしれません。
絶対に手抜きの出来ない工事です。


母屋の部分でも、下地の「長野県産材合板」のうえに、
「長野県産材 唐松無垢フローロング」を施工し始めました。

s-R0023870.jpg

いままで、なかなか工事が進まなかったように感じますが、
これからはどんどん進むように感じることでしょう。

ますます、完成が楽しみです。


コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ