松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

小雪舞うなか、屋根裏で・・・

| コメント(0)
嶋田棟梁のもと、四賀古民家再生の現場が順調に進行していますが、
わたしはわたしで、別のお宅でお仕事。

四賀地区Oさま邸での「キッチンリフォーム」を
先々週からやらせていただいています。

先週末は、屋根裏への断熱材敷き込み。
壁や床からの隙間風がなくなってきて、
奥さまも、「ストーブを焚くと、すぐ暖かくなる!」と喜んでいただきました。
屋根裏に断熱材を入れる予定にはなっていますが、
仕事的には、一番最後に仕上げでやりたい仕事です。

でも、せっかく暖かさを実感していただいているので、
急きょ、屋根裏の断熱材を敷き込む仕事を先に施工しました。

外は小雪が舞う中、
屋根裏にもぐりこんで、
まるで、ネズミさんのよう。

s-R0023449.jpg

築30数年。屋根裏には、まったく断熱材が入っていません。


s-R0023450.jpg

s-R0023452.jpg

グラスウール密度16K、厚さ100mmを隙間なく敷き込みました。
なるべく隙間が出来ないように、
天井を吊ってある木のまわりは断熱材を切り分けます。

ちょっと前のグラスウールは、密度が10Kで、もっと「ふわふわ」していました。
16Kになると、かなりしっかりしていて、同じ厚みでもがっしりした感じです。

出来れば、「セルロースファイバー」を吹き込めば、
もっと断熱性能が上がるのですが、
そこは、予算との兼ね合いがありまして・・・。

雪降リの寒い外とは打って変わって、
ほのかに暖かい屋根裏。
と言うことは、部屋の暖かい空気が、
大量に屋根裏に流れ込んでいるということでしょう。

これで、部屋の中が、一層暖かくなると思います。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ