松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

最近のブログ記事抜粋

新着情報の記事の抜粋と画像です。

昨日は天井裏、今日は床下・・・ 2019.02.02

| コメント(0)

天井裏と床下。
どちらにも欠かせないものは、
「マスク」

昨日は、某お寺の山門の天井裏でのお仕事。

s-DSCF4252.jpg

s-DSCF4279.jpg


天井裏には、過去に入り込んだ野獣のフン、巣のわら、コウモリのフン・・・
調査に入った時には、マスクをしていなかったので、
後でクシャミ連発。

昨日はしっかりマスクで、
侵入口の穴を埋める作業でした。

s-DSCF4246.jpg

s-DSCF4282.jpg

あえて写しませんが、
侵入口の穴の近くには、
おびただしい量のフンとわら。

s-DSCF4283.jpg

s-DSCF4294.jpg

天井裏から塞げられるところは、
すべて塞いで、
外からでないと塞げられないところは、
外から金網で塞いで、
たぶんこれで、
野獣は入れないでしょう!

今日は、
ご縁のあった輸入住宅のお宅で、
床下の垂れ下がっている断熱材を固定するために
床下で作業。

s-DSCF4153.jpg

s-DSCF4157.jpg

s-DSCF4158.jpg

入っている断熱材は、それなりに厚みもあり性能も高そう。
でも、支えている板が、あまりにもまばらで、
断熱材の垂れ下がっている箇所が多数・・・

追加で板を打ちつけて、

s-DSCF4303.jpg

s-DSCF4309.jpg

しっかり固定できたので、これで断熱材が垂れ下がることは無いでしょう。

マスクをして床下に入ったので、
鼻の中は大丈夫だったのですが、
断熱材(グラスウール)の粉じんがからだ中について、
最初はゴーグルをかけていなかったので目にも入って、
痛痒いやら、涙が止まらないやら、
からだ中、グラスウール粉じんまみれでした。

 

帰宅後、大至急お風呂に入って、粉じんを落としましたが、
それでも、まだ、からだに付いているのか、
「シカシカ」(痛痒い感じのこと)して、
あ~~~、もういや!笑

いろいろ、お終いにすることも。。。

| コメント(0)

高齢でひとり暮らしの「Tさま」
お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー)
でお湯を沸かして入っていました。

 

10年近く使って、昨年冬から、水漏れが始まり
そろそろ交換か!
という話も出てきていました。

 

この風呂釜は、凍結しそうな夜には
浴槽のお湯を抜き、風呂釜の中のお湯も抜き、
凍結しないようにする必要があります。

さすがに、お風呂上りに外に出て、水抜きするのは寒くて大変・・・
ひとりしかお風呂に入らないので、追炊きする必要もあまりない・・・
水漏れもひどくなってきた・・・・

ということで、
思い切って、薪兼用風呂釜を取り外して、
普通のボイラーからお湯を入れるだけの使い方にすることになりました。

s-DSC05615.jpg

s-DSC05616.jpg


思い切って取り外して、
追炊きの配管は切り離して、
浴槽の穴はステンレスのフタで閉めて、
きれいさっぱり!

今日、様子を聞いてみると、
「ちょっと熱めにしてお湯を張れば、十分大丈夫!」
と心強いお言葉。

火事の危険や、水抜き時の心臓・脳疾患などの不安から、
お子さんたちも取外しを希望されていたので、
これで、みなさん、ひと安心。

終活ではないけれど、
いろいろなことを整理して、
お終いにすることも、
いまの時代は大切な事。
良かったね、Tさん!

猪年だけど、ね・ず・み。。。 2019.01.25

| コメント(0)

2019年が始まって、すでに3週間。。。

 

今年の目標が「スピード感」なのに、
ちっとも「工事日記」がアップされません。。。

 

先週19日のお仕事をようやくアップです。
新年早々、困った!のご相談。
「ネズミが天井裏であばれてる!」

 

こんなときに頼りになるのは、
「害獣、害虫の専門家」
「かわほりプリベント」の山岸さん。

s-DSC05492.jpg

家の周りをしっかり調査して、
ネズミちゃんの侵入経路を見つけ出してくれました。

s-DSC05490.jpg

縦樋を登り!
(クマネズミは、平気で縦樋を登ります)
(丸印が、ネズミの足跡)

s-DSC05493.jpg

屋根の隙間から、家の中に侵入しているそうです。

あとは、わたしの仕事。
屋根の上で半日作業して、
しっかり隙間を埋めました。

s-DSC05604.jpg

板でふさいだ後に、

s-DSC05605.jpg

怪しいところは、金網で補強。
近くの怪しい場所も、金網で侵入防止。

s-DSC05607.jpg

s-DSC05608.jpg

数日たって、お客さまに様子を聞いてみると、
「あの日から、天井裏で音がしなくなった!」
と、喜んでいただきました。

まだ、安心するのはちょっと早いですが、
まずまず、良い結果のようです!

新年あけましておめでとうございます 2019

| コメント(0)

たぶん、激動の年になる予感の「2019年」

「さいとうけんちく」でも、
始動しています。

と言っても、
わたしの書初めが仕事始め??!

s1-DSC05422.jpg

s1-DSC05424.jpg

昨年年末の「かわら版」でもお知らせしたとおり、
当初の書初めは「スピード感」
ですが、
急遽一言追加しました。
「言霊」

昨年末、現場から事務所に帰ると、
つい言ってしまうのが、
「あ~~~疲れた」「しんどい」「あ~~~~」

うちの奥さまが、そのたびに、
「そんなマイナスな言葉ばっかり言わないでよ!」
と御叱り。
確かに事務所で1日しっかり仕事している彼女にしてみれば、
なんて情けない言葉か!

ですので、急遽の追加です。
意外に、うまく、書けたかな?!笑

2018年 ことしもありがとうございました

| コメント(0)

いよいよ、2018年も今日が大晦日です。

 

ことし1年、ありがとうございました。
お客さま、業者さん、関係者のみなさまのお陰で、
無事1年を終えられることに、感謝です。

img615.jpg

年末にカレンダーと一緒に配った「くらしのかわら版」です。
一番注目していただきたいのが、
「年末年始のご案内」です。

わたくしどももお休みですが、
設備屋さん、電気屋さん、材料販売店さんもお休み。
年末年始にトラブルがあっても、
対処ができません。

それでも、応急処置で1月7日まで乗り切る方法もあるかもしれません。
とりあえず、連絡ください。

おだやかな年末年始になりますように!祈

いや~~、感服した!

| コメント(0)

今日、お風呂の床をリフォームしたお客さまから、
集金させていただきました。

 

「お風呂のリフォーム」というと、「ユニットバスに取替」が一般的ですが、
予算的にもそれほどの工事を希望されていなかったので、
「タイルの床のリフォーム」をさせていただきました。

着工前
s-DSC03302.jpg

s-DSC02801.jpg

(タイルの床に穴も開いて、かなりの傷み具合でした)


完成
s-DSC04557.jpg

(左官さんにタイルを取って特殊モルタルで平らにしてもらい、
 内装屋さんに特殊床材を貼ってもらいました)

うちでもやったことがなく、左官さん、内装屋さんも経験が無いような工事。
そんな場合、どうしても「見積り」は高めになります。
無事に工事も終わり、お客さまにも喜んでいただけました。
いざ請求の時に、思ったよりも費用が安く済んだので、
請求金額は見積り金額よりも、かなりお安くさせていただきました。

集金にお伺いしたとき、
「見積り通りで請求しても良いのに、安くしてくれて、
 感服した!ありがとう」と言われ、
おまけに「お菓子」までいただきました。

s-DSC05116.jpg

お客さまがおっしゃるのに、
「開運」「真味」が、うちにぴったりだと!

そこまで言われると、さすがに照れますが、ありがたくいただいて、
ちょっと焼酎のつまみには甘すぎましたが、
さっそく美味しくいただきました。

s-DSC05117.jpg

感謝感激、あめあられ

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.11.11

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
といって、更新するのは2か月ぶり・・・・
実は写真も、1週か前・・・・

 

s-DSC04726.jpg

玄関とポーチのタイル貼り。
いつもお願いしている「宮川左官」さんの若社長。
いつも丁寧です。この日も、11月3日文化の日に休日出勤でした。

 

s-DSC04727.jpg

嶋田棟梁が苦労した「5段まわり」階段。
最近多くみられるので、今回採用しました。
上り下りは非常にスムーズで、かなりいい感じ~~。
でも、嶋田棟梁は、「もう、二度とやりません!」とのこと。
施工にはかなり苦労したようです・・・

 

s-DSC04728.jpg

今は、大工工事もほぼ終わり、
道具も引き揚げつつあります。
嶋田棟梁、お疲れさまでした!

 

s-DSC04729.jpg

足場も外れて、全貌を現した外観。
シンプルです。
片流れの屋根ではありません。
いかにも日本的な外観。

いま風の建物ではないかもしれませんが、
長い時間、メンテナンス費用がかかりにくい家を目指すと、
どうしてもこんな感じの家になります。

決して、流行だけを追う、家づくりはしたくない。
それが、お客さまと一緒に家づくりをする、
「さいとうけんちく」のポリシーです。

「信州バザール2018」 お礼

| コメント(0)

ことしの「信州バザール」も、
無事に終えることができました。
総来場者も昨年とほぼ同じ4500名。
多くの皆さまにお越しいただき、
ありがとうございました。

 

「さいとうけんちく お休みどころブース」も、
多くの親子さんに寛いでいただきました。

s-DSC04451.jpg

s-DSC04458.jpg

s-DSC04459.jpg

となりのブースで一緒にやった「通気断熱WB工法 友の会ブース」も、
ほんとうに多くのお客さまにお越しいただき、
てんやわんやの大騒ぎ、一時はお待ちいただくお客さまも。
大盛況でした。

s-DSC04460.jpg

他にも、畳屋さんの「畳表替え実演」があったり、
安曇野市の大量積み木での、巨大塔乱立があったり、
2日間大賑わいのやまびこドーム。
s-DSC04501.jpg

s-DSC04462.jpg

来年も、頑張ります。
ぜひ、来年もみなさまお越しください!

「信州バザール2018」 ことしの「さいとうけんちく」!!

| コメント(0)

今年も「やまびこドーム」で、「信州バザール」が開催されます。
2018年10月20,21日 午前10時から午後4時

s-img600.jpgのサムネイル画像

いままでは、「さいとうけんちく」では、
「おやすみ処」で出店しました。

s-DSC06369.jpg

s-DSC06368.jpg

s-DSC06365-1.jpg

s-DSC06339-1.jpg

s-DSC00058.jpg

s-DSC00055.jpg

でも、今年は、バ~~~ジョンアップです。

「工務店社長が語る(かもしれない)、建築業界の裏側!!」
も含めた、「住宅なんでも相談所」を開きます。(笑)

建築業界って、普通に暮らす人達には、
「なんだかだまされているような、よくわからない業界」
と思われていることもあるかもしれません。
だから、リフォームするにも、新築するにも、
「よくわからないけれど、なんとなく注文した」
と言ったことも、多いかもしれません。。。。

不安、不信をかかえたまま、
工事を発注するのは、あまりにも寂しい。
そんな、悲しいことを、少しでも解消したいと、
「すまいの相談所」を開くことにしました。

相談料金は、30分で300円です。
高いですか、安いですか??
でも、相談料金と同じ金額のチケットを差し上げます。
そのチケットは、「クラフトブース」で、同額で使えます。
まあ、実質、ゼロ円。

新築、リフォーム、修繕など、
検討している方は、
是非ともお越しください。
こっそり、建築業界の裏側を、
お教えするかもしれません(笑)。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.10.10

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
すみません・・・報告が滞っていました。。。

 

大工工事も順調に進んでいます。
2階はほぼ終わり、
1階の床貼りから窓枠、敷居、鴨居の取付け。

s-DSC04055.jpg

s-DSC04056.jpg

完全な「無垢材」ではありませんが、
無垢集成材に自然塗料を塗ったものを使っています。
昔は、建材メーカーの「樹脂シートを張った合板、木粉固め材」を使っていましたが、
10年程度で「樹脂シート」がはがれてきて、どうにもならなくなって。。。

自然素材は、「ここちがいい」だけじゃなく、
「長持ち」します。
結局、お客さまにとって、将来のメンテナンス費用が少なくて済む、
経済的なおうち!になります。

さいとうけんちくの設計、施工基準は、
「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」

ちいさな仕事も大切、ちいさいからこそ大切!

| コメント(0)

こまめに「かわら版」を出したり、
お客さまのお宅を定期的に訪問したり、
「いつでも、ちいさなことでも、心配ごとは声かけてね!」
と、「ちいさな仕事」の宣伝が効果を発揮して、
「細かいことですまないね~~」
と良く電話いただきます。

例えば、
s-DSC03934.jpg

s-DSC03936.jpg

玄関サッシの開け閉めがし辛い。
思いっきりチカラを込めないと、
玄関サッシが開かない、閉められない。

こんな時は、
「玄関サッシの戸車」を交換すれば、
一発で解決します。

長年チカラいっぱい開け閉めしていると、
戸車を替えた瞬間に、
「ガン~~~」とおおきな音をたてて、
玄関サッシが閉まります(笑)。

 

別のお宅では、
「キッチンの水栓の水が止まらなくなった!」
と、大慌てで電話いただきました。

s-DSC03678.jpg

なんと、水栓のレバーが、
取れてしまった・・・

実は、数日前に、別件でお伺いしたときに、
キッチン水栓からの水漏れを発見して、
「部品を取り寄せれば直りますが」と提案して、
調度部品を取り寄せたところでした。

あわてて、お伺いして、
部品を交換して、

s-DSC03680.jpg

s-DSC03681.jpg

無事取替完了。
台風の直撃を受けての、
暴雨風雨のなかの作業でした。

もし、事前に部品を取り寄せていなかったら、
数日間はキッチンが普通には使えない状況になっていました。

 

どちらも、
もう少し早く教えていただいていたら、
もっと早く、もっと簡単に、
気持ちよく生活していただけたのですが。。。

人間のからだも同じですが、
歳を取ると、いくらか良くないところも出てきます。
みんな同じです。
それを、なるべく早くにお医者さんにいって、対策をとるか、
ほんとうにダメになって、ようやくお医者さんに行くか。
その違いで、それまでの時間の生活の質が変わります。

早く行くと、早く治りますよ!
人間も、家も!

ちいさな仕事も、
早めに声をかけてください。

追伸:「おおきな仕事も、早めに声をかけてください!」笑

かわら版 初秋号 配達中です。

| コメント(0)

「くらしのかわら版」初秋号を「軽トラ」で、配達しています。

 

img601.jpg

 

信州は、「避暑地ではなくなった」と思われるような「猛暑」。
全国的にも、「大地震」「豪雨・水害」「台風」そしてまた「大地震」。
自然災害があたりまえになっていました。

 

これからは、もっと災害が増えるとの予想もあります。
「備えあれば憂いなし」
少しずつでも、自分でできる対策を進めてはいかがでしょうか!

 

①水の用意 ひとり1日飲み水3リットル必要だそうです。
      2Lのペットボトル×人数×4本くらいで、3日分くらい。
      お風呂洗いは、お湯を張る直前に!すると、
      お風呂の浴槽に水を張ったままになります。
      水洗トイレを流す水を確保できます。

②家具の固定 阪神淡路大震災でも、東日本大震災でも、
       家具が倒れて大きな被害が出ています。
       ちょっと固定するだけでも、逃げる時間が稼げます。
       逃げる通路が確保できます。
       ぜひ、やってみてください。
       どうしても自分でできない方は、連絡ください。

 

猛暑から一転、「寒い冬」も予想されます。
体調にお気をつけてお過ごしください。

 

 

今年も参加します! 「信州バザール」

| コメント(0)

s-img600.jpg

今年も、「信州バザール」開催します!
「さいとうけんちく」も、参加します!

 

昨年、一昨年は、「お休み処」での参加でした。
なんせスタッフが少ないので、
誰もブースにいなくても良いような、
なんとなく「やる気のない」(笑)感じのブースでした。

それでも、「ちょっと疲れた時に」「こどもが遊べる場所」
を目指して、おもちゃを置いたり、絵本を置いたり、
イスも用意したり、長座布団も用意したり!

でも、南信からわざわざ参加している会社さんからは、
「相談したいとお客さまに言われたけれど、うち、遠いし」
と、相談したがっているお客さまもいらっしゃることを教えてもらったり、
コンサルタントの方からも、
「最近の消費者さんは、『相談』したがっている」
と教えていただいたり。

というわけで、
今年は、「お休み処」にプラスして
「暮らしの相談所」も開設します。

 

決して、
「さいとうけんちく」にお客さまを誘導するようなことはしません。
もしかして、「建築業界の裏側」なんかも暴露するかもしれません。
「プロにしかわからないあれこれ」なんかも、お伝えします。

 

真剣にお答えするために、有料にします。
相談時間30分で300円。
でも、300円分のチケットを差し上げて、
「クラフトブース」で金券として使えるので、
まあ、実質「無料」か!(笑)

 

お休みでも、相談でも、
気軽にお越しください。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.09.01

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。

お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、
もう、からだが悲鳴をあげています。
そんなときにも、「真冬の準備」

 

雪で屋根の樋が壊れることがあります。
軒先からせり出した雪が落ちるときに、
樋を巻き込んでしまうからです。

それを防ぐのが、
「雪止め補助具」

yukidome1.JPG

yukidome4.JPG

見た目は、ほんとうに簡単なもので、
「こんなもので、ほんとうに雪止になるの?」
と思われるかもしれませんが、
意外に効果は絶大です。

特に、2階の樋が壊れると、
修理には足場が必要になり、
費用もかなり掛かります。

なので、「さいとうけんちく」新築では、
はじめから取付けるのが、
標準仕様になっています。

「あやめの街」でも、
暑さが少し落ち着いた時を見計らって、
取付けてきました。

s-DSC03555.jpg

これで、いつ、大雪が降っても大丈夫!!(笑)

からだは、秋。 気温はまた猛暑。。。

| コメント(0)

お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!
と思っていたのに、昨日今日は、再び猛暑。。。
一度秋を体験したからだは、秋モードに変わっています。

 

7月中旬には工事ができる状況になっていたのですが、
あまりの猛暑振りに、
わたしの「生命の危機」が心配され、
「もう少し涼しくなるまで待ってください」と、
お客さまに待っていただいておりました。

 

朝晩は涼しいを通り越して、寒い!くらいになったので、
ようやく本格的に工事を始めたのは良いのですが、
また、猛暑。。。倒れるかと思いました。

松本市内のお仕事は、
カーポートと2階ベランダの屋根の取替。
傷んだポリカを新品にして、固定もビスでバタバタ音が出ないように!

古いポリカ板のカーポート屋根

s-DSC03419.jpg

取り替えたポリカ板のカーポート屋根

s-DSC03422.jpg

古いポリカ板の2階ベランダ屋根

s-DSC03423.jpg

取り替えたポリカ板の2階ベランダ屋根

s-DSC03424.jpg

そして、今日は四賀地区で、壊れたドアの取替

s-DSC03154.jpg

s-DSC03446.jpg

暑い暑いと言いながら、
最盛期と比べると、風が涼しくなってきているので
倒れないうちに終えることができました。

お空は、真っ青青。

s-DSC03425.jpg

お日さま、ぎらぎら。
s-DSC03426.jpg

暑い暑いと言っている間に、
すぐそこには、たぶん、寒い寒い冬が待っている。
そんな時には、夏が懐かしくなるんですよね!(笑)

お盆のお仕事 ~2018夏~

| コメント(0)

長期休暇のお盆ですが、
日頃できない事務仕事をするには、絶好の機会です。

 

お客さまからいただくお仕事は、
お客さま毎にファイルを作り、
いろいろな情報を管理しています。

場合によっては、1日で終わる仕事、
必要な情報がA4 1枚で終わる仕事もあるので、
情報が多くないお仕事は、
「小工事ファイル」にまとめています。

s-DSC03330.jpg

だいたい3か月か4か月で1冊。
このファイルを、お客さま毎のファイルに、
定期的に移せば一番良いのですが、
なかなかそれができません・・・溜まります。。。

そんな仕事をするには、長期休暇は絶好の機会!

s-DSC03332.jpg

今回は、2015年から2017年5月までをなんとか納めました。
1冊約1時間半。計2日約12時間。
さすがに、疲れましたが、これで何かトラブルがあった時に、
対応が早くできる状態になりました。

あと1年分、4冊は、いつできるのでしょうか??笑
(2011年以前の小工事ファイルも、まだ5冊ほど残っています・・・涙)

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.08.12

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
 

建築業界では、おおむねお盆の時期は長期休暇になります。
日頃は、お休みが少なくて、「ブラック」と言われることも
あるのかもしれませんが、盆正月の長期休みは必須。
だって、お客さまが盆正月に、がたがた仕事することを望みませんから。。。

うちも、11日から16日まではお休みです。
ここまで、嶋田棟梁と助っ人山口さんが頑張ってくれて、
かなり進みました。

外回りは、すべてのサッシが入り、決まりがついています。

s-DSC03211.jpg

s-DSC03212.jpg

s-DSC03213.jpg

中も、2階の天井は、下地を組んで石膏ボードも取付完了。
1階も、一部の部屋で、木下地が組み終えていました。

s-DSC03306.jpg

s-DSC03305.jpg

s-DSC03304.jpg

さあ、注目!
サッシを取付けた後に、「防水テープ」を貼りますが、
実は、そのテープの貼り方がすごく大切なんです。

s-img597.jpg

順番1、2、3、のとおり貼って、
しかも、その貼り方にも注意が必要です。
下は「横を短くして、縦を伸ばす」
上は「縦を短くして、横を伸ばす」

 

これは、外壁から万が一、水が入っても、防水テープで
壁の内部に水が入らないようにする、
最終防衛ラインだからです。

実際の窓のまわりの見本は、
s-DSC03217.jpg

建築中の方は、
自分の家の防水テープを確認してみてください。

コウモリにご注意!

| コメント(0)

新規のお客さまから相談。
「家の周りに、細いフンがいつも落ちているんだけれど・・・」

早速お伺いして見てみると、
確かに、屋根の下に細いフンが多数落ちていました。
はしごで屋根の上を見ると!!!
下よりもはるかに大量のフンが!

s-DSC02903.jpg

見上げれば、「ヤギリ」が。
ためしに5か所あるすべてのヤギリを点検すると、
すべてのヤギリの下にフンが・・・

s-DSC02908.jpg

s-DSC02909.jpg

フンの写真を「害獣専門家」さんに送って見てもらったところ、
「アブラコウモリですね」だそうです。
すぐに対処をお願いしました。
ところが、屋根裏を見ても、どこにもコウモリはいません???

専門家さんも、「夜だけ来るのかなあ??」と不思議そうで、
それでもと、最後のヤギリを外から確認してみると、

s-DSC02993.jpg

いました!いました!
ヤギリの裏に大量のコウモリがいるそうです。
ひとりではヤギリが外れないので、
わたしも手伝って外してみると!

出るは出るは、飛び出したコウモリが20匹以上!!
写真が撮れなかったのが残念です。
数匹は、昼間の突然の巣の崩壊で、
ビックリしたのか地面に落ちてすぐには飛べず、

s-DSC02997.jpg

しばらくして、飛んでいってしまいした。
(「鳥獣保護」で、勝手に捕まえてはいけないそうです)

ヤギリの裏を見ると、

s-DSC02998.jpg

格子の裏に貼ってあるベニヤ板の裏が、
最高のねぐらになっていたようです。
板もかなり腐っていました。

ヤギリのついていた場所も、

s-DSC03000.jpg

かなり変色が激しく、
掃除も必要です。
それでも、屋根裏にコウモリが入らなかったのが救い。
通気口に網がかけてあるので、入らなかったとの事。
もし、屋根裏がコウモリの巣になっていたら、
大変なことになっていたそうです(専門家さん談)。

実は、あと4か所のヤギリにも、コウモリが巣を作っています。
早々に取り除きたいところですが、
信州でもこの猛暑!
屋根の上の作業は、
コウモリの危機よりも、わたしの危機が!

お客さまにはもう少し我慢していただき、
気温が下がったら、すぐに処理にお伺いすることにしました。

家の周りに注意することで、
こちらのお宅の「コウモリ」は発見できました。
家の周りに注意することはとても大切です。
「樋からの漏れ」「シロアリの被害」「換気口のふさがり」
いつも見ていれば、異常に早く気がつきます。

暑い毎日ですが、
たまには家の周りを歩いて観察してくださいネ!

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.07.24

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
もう少し、まめにアップできると良いのですが・・・(苦笑)

外回りの「軒天」も、わたしの下地の後を受けて、
応援の山口さんにお願いした貼付けも完了。

s-DSC02967.jpg

s-DSC02966.jpg

中では、屋根下の断熱材取付が終わり、
壁断熱材も貼り始め。

s-DSC02963.jpg

s-DSC02962.jpg

屋根下の断熱材を付けると、室内の温度が一気に下がります。
おひさまにあぶられて高温になった屋根からの熱が、
垂木の間の空気層で遮られ、
屋根の通気で室内に熱が伝わりにくくなるからです。

しかも、サッシを付ける前は、室内に光が入りにくくて、
かなり涼しい。
猛暑の中での仕事には、最適です。

それでも、
今週中には樹脂サッシ「YKKAP APW330」の取付け予定です。

s-DSC03023.jpg

s-DSC03024.jpg

いくら断熱性能の良いサッシでも、
室内に光を入れると、光が熱に変わり、
その熱が、断熱性能の良さで逃げにくく、
室内が熱くなりがちです。

高断熱住宅は、夏の暮らし方に工夫が必要です。
光は、すだれやタープなどで、家の外で日除けしてください。

わたしも細かな仕事で飛び回ることが多く、
なかなか現場に足を運べないので、
日曜日にお伺いして、状況を確認して、
ついでに、現場シートを取付けてきました。

s-DSC03021.jpg

建前から1月ちょっとで、ようやく広告シート取付。
ちょっと、遅い・・・苦笑。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.07.15

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。

とは言っても、わたしが応援して、
「軒天(屋根の下で、壁から出ている箇所の裏側)」下地
を作っていたのは、すでに10日も前・・・

s-DSC02695.jpg

s-DSC02697.jpg

こんな感じで、下地を組みます。
「ビス」で固定しますが、
「釘」でも補強します。

 

建前に応援してくれた大工さんから、
「最近の建前で、こんなに釘を使ったの久しぶりだ」
と言われました。

 

どうも、最近の大工工事では、
「ビス」でほとんどの仕事をするみたいで、
「釘」はあまり使わないので、小さな箱単位でしか買わないそうです。

 

それでも、わたしは、どうしても「ビスだけ」は信用していません。
うちでも「ビス」はたくさん使いますが、
チカラのかかるところは、「釘」も併用するようにしています。

 

「ビス」は、引き抜くチカラには強いのですが、
折るようなチカラには弱く、折れてしまいやすいからです。

だから、軒天下地にも、ビスと併せて釘も使っています。

 

まあ、こんなところを見るのは、
「大工」だけで、一般のお客さまたちは、まったく見ませんし、
たぶん興味もないと思います。
それでも、長い時間使う家なので、なるべく長持ちするように、
ちょっとしたことでも、気を付けています。

 

でも、そのことが本当に効果が出るのかは、
わたしにもわかりませんし、わたしにも確かめようがありません。
が、どうしても、気になるんですよね・・・笑

軒先に付ける「換気金物」も、
なるべく換気量が多くなるようにしています。

s-DSC02696.jpg


多くなれば「夏も涼しく」過ごしやすくなりますし、
建物も長持ちしやすくなると思っています。

 

これも、注目する人は、
ほとんどいませんが・・・笑。

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ