松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

2021年 春 くらしのかわら版

| コメント(0)

今年の「ゴールデンウイーク」中は、
ず~~~と、「かわら版」を配達していました!笑

s-img654.jpg

4月29日、5月1日~6日で、300数十軒のお客さまにお届けしました。
今日、5月9日の新聞折込でも、「四賀地区」「筑北地区」の皆さんにもお届け。

「毎回楽しみにしているよ!」とのうれしい言葉もいただけ、
配達するわたしも、楽しみです!

★「毎日の暮らしの困った↷を良かった↺に変える」の特集
水栓のポタポタ漏れの修理
自分でもできます。
昔の人たちは、それなりの道具をそろえていて、
自分の家の、大概の小さなトラブルは、自分で直していました。
これからの時代にも、大切なことだと思います。

★「社長のつぶやき」
東日本大震災でのM9.0は、
発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震です。
この地震で、日本周辺の地震環境が大きく変わったそうです。

人に勧められて、「首都直下地震と南海トラフ」(鎌田浩毅著)を読みました。
3男がこの春から、愛知県知多半島に進学することもあり・・・
副題が「大地変動の時代に突入した日本列島を探る!」
衝撃的な題に、内容もかなり厳しいです。

「地球の寿命は100億年。いまは50億年なので、ちょうど折り返し地点」
 (あと50億年後には、地球は滅びます。笑)
「地震の歴史を研究すると、大きな地震の起こる間隔はわかる」
「2040年までに必ず起こるM9クラスの西日本大震災」
「大地震と火山の噴火は、連動している。特に富士山」
など、ショッキングな内容が満載です。

でも、先生が言っている大切なことは、
「いつ起きるかは、わかりませんが、必ず起きます」
「起きる事が前提で、各自ができる対策をとると、被害が小さくなります」
「完全な防災ではなく、できる限りの減災を目指す」

何度も言います、
「家具は固定しましょう」
「お風呂には水をためておきましょう」
「日持ちする食べ物も保存しておきましょう」
そして、「耐震補強も、できるならやりましょう」
起きたときには、みんなで助け合いましょうね!笑

 

コメントする

お知らせ にはこんなページもあります
連休がすぎ、ちょっと(かなり)早い梅雨が来そうです。ちょっと湿った日に、家のまわ...
太陽光温水器を屋根に乗せているお宅。特に、高齢者だけで生活しているお宅。十分、気...
2021年も、もう1月5日。ようやく仕事はじめです。 昨年は、「コロナコロナ」で...
激動の「2020年」本来なら、「東京オリンピック」で、おおきく盛り上がる予定が、...
緊急事態宣言! 「中部電力」「アンケート」にご注意ください!! 知り合いのSさん...
「コロナ」で、なにもかもが大変になってきています。「くらしのかわら版 2020年...
2020年も、すでに8日「さいとうけんちく」は、昨日7日からが、仕事始めです。 ...
いよいよ、2019年も今日が晦日30日です。   ことし1年、ありがとうございま...
「信州バザール2019」無事終了しました。 昨年の反省をもとに、「PDCA(プラ...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ