松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

ケチったんじゃないの?

| コメント(0)

先日、「季節のお客さま回り」で、Tさまを訪問した際、

「ケチったんじゃないの?」と言われてしまいました。

最初は、何の事だかさっぱりわからなかったのですが、
よく話を伺うと、

2年前に新築させていただいたときに、
キッチンとローカの境に「無垢材の引き戸」を入れました。
その戸にはめ込んである「ガラス」が
「薄っぺらで、ぺラペラして、今にも割れそう。
材料代をケチって、安い、薄いガラスを入れたんじゃないか?!」

ビックリして、「ガラス」に触っていると、
確かにペラペラしていて、ちょっと押しただけでも割れそう。

でも、???

あまりにも薄すぎて、ガラスならもうとっくに割れている?

そうなんです。
「ガラス」ではなくて、「アクリル板」

その場ですぐに、作った建具屋さんに電話して確認しました。
確かに「アクリル板」でした。

Tさまは、かなり気分を悪くしているので、しっかり説明させていただきました。

わたし「これは、『ガラス』ではなくて、『アクリル板』です。
    ガラスだと、からだや物が当たって割れると危険なので、
    たとえ割れても安全な、アクリル板にしています。
    決して、材料代をケチったわけではありませんよ。」

Tさま、「えっ、ガラスじゃないの。なんでアクリル板?」

わたし「ここは、家で一番使う場所なので、たとえぶつかって割れても、
    ガラスみたいに飛び散ったり、かけらで怪我しないように
    アクリル板にしています。」

Tさま、「そうなの・・・」

わたし「お風呂の入り口も、アクリル板です。お風呂は裸なので、
    ガラスが割れるとすごく危ないので、アクリル板です」

Tさま、「そうかあ」

と言うことで、納得していただけました。

誤解は、恐いです。
いままで築いた信頼関係が、一瞬で崩れることもあります。
そのために、お客さまとの距離を少しでもちいさくするためにも、
1年で少なくても4回、季節ごとにお客さまのお宅を回っています。

決して、決して、押し売りのためではありません!(笑)

こんなわけで、一軒一軒、季節ごとにちょっとタイムリーな話題をのせた
「さいとうけんちく くらしのかわら版」を持って、お伺いしています。
留守のお宅には、郵便受けに入れるだけになってしまいますが、
お客さまには、「また来てくれたんだなあ」と思っていただいて、
なにかあるときには、気軽に電話いただけるきっかけになればと思っています。

よろしくお願いいたします。

 

コメントする

お客様の声 にはこんなページもあります
今日、お風呂の床をリフォームしたお客さまから、集金させていただきました。   「...
ちょうど、「くらしのかわら版」を手配りで配達しています。 お客さまがいらっしゃる...
数日前の早朝。お客さまから電話あり。「トイレの鍵が壊れた!  トイレの中に閉じ込...
お客さまからの電話で、意外に多いのが、「小さなことで、申し訳ないが・・・」の前置...
先日の「完成見学会」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!! (玄...
2017.2.5 日曜日 午後3時24分お客さまから、「たすけて!」コール 「お...
昨日の松本市は、最低気温マイナス10.2℃うちの玄関前の温度計は、マイナス11℃...
通気断熱WB工法で新築させていただいた「Mさま邸」 昨年9月に引き渡しをして、もう1年がたちました。
数日前、お客さまから電話。   息子さんから、「親の座敷の天井から水が垂れてきて...
お客さまから電話。「お風呂のお湯があまり出ないんだけど」お話を伺うと、浴槽にお湯...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ