松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

雨漏りしている!

| コメント(0)

お客さまからの言葉で、
もっとも恐ろしい言葉のひとつが、
「雨漏りがしている!」です。

リフォームしていると、屋根の施工で難しい場面にも出くわします。
そんなときに一番心配するのが、
「雨漏り」

プロの建築屋として、一番してはならないことのひとつが、
「雨漏り」だと思っているので、
「雨漏りした!」は、恐怖の言葉です。

台風15号が近ずく安曇野市Oさま邸。
昨日から降り続く雨の中、Oさまから突然の電話。
「雨漏りしてるぞ!」

すぐに飛んで行きました。

Oさま邸の工事は、今年3月から始まった「外壁塗装工事」

s-IMG_5266.jpg

工事を始めて、足場を掛けたときには、雪がちらついていました。

おりしも、「東日本大震災」の直後です。
Oさまも、「地震が心配だから、早く足場を取ってくれ」と矢の催促。

s-IMG_5675.jpg

無事、きれいに塗装が仕上がって、足場を取った直後から、
何度か、「雨漏りがした!」と電話がありました。

とは言っても、工事をしたのは「塗装工事」だけ。
普通、雨漏りが発生する工事ではありません。

何度かお伺いするなかで、怪しいところはしらみつぶしに潰して、
かれこれ、3か月。
もう、無いなあと思っていた矢先の雨漏りでした。

ちょうど近くにいたので、すぐにお伺いして、原因を探ります。
気になったのは、前回処置したところのちょっと上の箇所。
よく観察していると、前回目につかなかったところで、
危なそうな箇所が・・・。

応急処置をして、様子を見ていると、
見る間に「雨漏り」が止まってきました。

実はその箇所、うちの工事が原因ではなくて、
ある会社が新築した時の不都合な工事が原因なようです。

お客さまも、前回の説明で納得していらっしゃる様子で、
私たちを責めるというより、申し訳ない、といった感じです。

それでも、間接的にも、うちの工事で発生した「雨漏り」ですので、
責任をもって解決させていただきます。

夜9時前にも電話があり、
「少し雨がしみてきたみたいだが、少し様子を見るな」との報告でした。
この箇所の雨漏り防止処置は、雨が止んで、乾燥しなければ出来ません。
もうしばらく、ご辛抱下さい。

 

コメントする

お客様の声 にはこんなページもあります
先週の日曜日。①朝7時38分。 「ブレーカーが落ちたんだけど・・・」わたし「大き...
先週の日曜日。筑北村のお客さま宅に打合せに行こうとしている時、 メンテナンスをさ...
今日、お風呂の床をリフォームしたお客さまから、集金させていただきました。   「...
ちょうど、「くらしのかわら版」を手配りで配達しています。 お客さまがいらっしゃる...
数日前の早朝。お客さまから電話あり。「トイレの鍵が壊れた!  トイレの中に閉じ込...
お客さまからの電話で、意外に多いのが、「小さなことで、申し訳ないが・・・」の前置...
先日の「完成見学会」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!! (玄...
2017.2.5 日曜日 午後3時24分お客さまから、「たすけて!」コール 「お...
昨日の松本市は、最低気温マイナス10.2℃うちの玄関前の温度計は、マイナス11℃...
通気断熱WB工法で新築させていただいた「Mさま邸」 昨年9月に引き渡しをして、もう1年がたちました。

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ