松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

たすけて! おふろの水が止まらない!

| コメント(0)

昨日の松本市は、最低気温マイナス10.2℃
うちの玄関前の温度計は、マイナス11℃

このくらい気温が下がると、何かトラブルが発生しがちです・・・


【 その1 】
市内で打ち合わせをして会社に帰ると、

お客さまから電話で、
「おふろの水が止まらない!たすけて!」

あわてて行ってみると、
お風呂のシャワー水栓の蛇口から
お湯がドードーと出ていて、ビックリ。

すぐに、水栓の根元にある止水栓を閉めて、
応急処置。

s-DSC07059.jpg

よくよく見ると、
水栓本体が凍結で膨らんでいるのと、
お湯の量を調節するバルブが、吹き飛んでいました。

s-DSC07060.jpg

s-DSC07061.jpg

確認すると、他からの水漏れはないようなので、
おふろは沸かして入って、浴槽のお湯を使えば
普通に使えるとアドバイスしてきました。

様子を見て、来週くらいに水栓は交換します。

お客さまからは、
「なんせ、どうしていいかわからないで呼んだ」
「すぐ来てくれて助かった!」
と感謝のお言葉。

でも、ちょっと、水道代金がどれくらい請求がくるか、
心配です。

【 その2 】  
1日の仕事が終わり、
松本市内で夜の勉強会に参加してる時に、
昼のお客さまとは別のお客さまから電話。

「おふろの水が止まらない・・・」

また!
会議室を出て、
「水栓の根元に止水栓はありませんか?」
「外の不凍栓を止められませんか?」
と何度か電話でやりとりしましたが、
どうしても自分では、水漏れが止められない様子。

「これから行きます!」
到着したのは午後8時45分頃。
早速、お風呂の水栓を見てみると、

s-DSC07068.jpg

s-DSC07071.jpg

水栓のレバーの根元が凍結で壊れて、
そこから水が漏れています・・・


素人にはわかり難い、止水栓のカバーを外し、

s-DSC07072.jpg

カバーの後ろの止水栓を止めると、
ちゃんと水漏れは止まりました。

「悪いねえ~。夜まで来てもらって」
「でも、良かった、止まって!」

さすがに、1日2回の「お風呂水栓の凍結」は
初めてです。
さすが、マイナス10℃以下!

信州でお暮しの際には、
凍結には十分お気を付けください!

コメントする

お客様の声 にはこんなページもあります
2017.2.5 日曜日 午後3時24分お客さまから、「たすけて!」コール 「お...
通気断熱WB工法で新築させていただいた「Mさま邸」 昨年9月に引き渡しをして、もう1年がたちました。
数日前、お客さまから電話。   息子さんから、「親の座敷の天井から水が垂れてきて...
お客さまから電話。「お風呂のお湯があまり出ないんだけど」お話を伺うと、浴槽にお湯...
2月25日 午後3時お客さまとの打合せが始まろうとした時、安曇野市豊科地区のSさ...
先日、「季節のお客さま回り」で、Tさまを訪問した際、 「ケチったんじゃないの?」...
お客さまの声:信頼の連鎖 以前、「浴室リフォーム・キッチンリフォーム 安曇野市W...
お客さまからの言葉で、もっとも恐ろしい言葉のひとつが、「雨漏りがしている!」です...
「浴室リフォーム・キッチンリフォーム 安曇野市Wさま邸」のWさま。 始まりはタカ...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ