松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

そろそろ、いや~~~な、シロアリ発見の季節

| コメント(0)

連休がすぎ、ちょっと(かなり)早い梅雨が来そうです。
ちょっと湿った日に、家のまわりを注意してください。
そろそろ、シロアリが分家するのに、
「羽あり」になって飛ぶ季節です。

s-siroaritaisaku-3.jpg

気を付けてみるのは、
落ちている「羽」。
シロアリの羽は、4枚とも同じ大きさです。
同じ大きさの羽が、大量に落ちていたら、
分家するシロアリが、大量に発生したサイン!

近くの部屋の床や、柱を注意してみてください。
柱に、小さな穴がたくさん開いていたり、
床が、フカフカした感じになっていたり、
それは、シロアリ被害にあっているサインです。

s-DSC07559.jpg

床下では、実は、すごい状態になっているかも・・・

s-R0020088.jpgs-DSCF0778.jpgs-DSCF6839.jpgs-DSCF6841.jpg

その被害は、天井裏まで行っている場合もあります。

s-DSCF4671.jpg


そんなお宅の床下は、
ドライバーが簡単に突き刺さるくらい木材がやられていたり、
「蟻道」というシロアリの通り道がたくさんあったりします。

s-DSCF0640.jpg

s-DSCF4759.jpgs-DSCF0650.jpgs-DSCF0614.jpg

そして、シロアリも、たくさん見つかることも・・・
s-R0020129.jpgs-R0020120.jpgs-R0020093.jpg

ごくたまに、女王アリにも出会えます。
ごくたまにね!(これまで2回くらいかな)

s-R0020124.jpg

こんな、恐ろしい場面をたくさん見ているので、
わたしは驚きませんが、
みなさん、たいがい、
「え~~~~、こんなにひどいの・・・・」
「シロアリ、初めて見た!」
「何とかして!!」
と言います。


あわてなくても大丈夫です。
信州に暮らすシロアリは、急激に家を食い尽くすほどではありません。
きちんと早く駆除すれば、被害は少なくて済みます。
一番怖いのは、
「殺虫剤」を吹きかけて、「もう大丈夫」と思うこと。
地中で生活しているシロアリは、数匹だけ駆除しても、
全然平気。そのあと、ゆっくり、しっかり、床下で被害が広まります。

まず、専門家に相談してください。
床下点検して、見積りして、納得していただいて、
それから駆除工事です。
場合によっては、床の復旧を先にしてからの工事です。


ここで、大切な注意点。
「変な駆除業者」には、引っかからないでくださいね。
「すぐ駆除しないと、大変な事になる!」
と脅すのは、「変んな業者」です。

「さいとうけんちく」でも、
床下調査、専門家と同行しての調査、見積りをします。
怪しいと思ったら、すぐに電話!
090-4840-3751

コメントする

お知らせ にはこんなページもあります
今年の「ゴールデンウイーク」中は、ず~~~と、「かわら版」を配達していました!笑...
太陽光温水器を屋根に乗せているお宅。特に、高齢者だけで生活しているお宅。十分、気...
2021年も、もう1月5日。ようやく仕事はじめです。 昨年は、「コロナコロナ」で...
激動の「2020年」本来なら、「東京オリンピック」で、おおきく盛り上がる予定が、...
緊急事態宣言! 「中部電力」「アンケート」にご注意ください!! 知り合いのSさん...
「コロナ」で、なにもかもが大変になってきています。「くらしのかわら版 2020年...
2020年も、すでに8日「さいとうけんちく」は、昨日7日からが、仕事始めです。 ...
いよいよ、2019年も今日が晦日30日です。   ことし1年、ありがとうございま...
「信州バザール2019」無事終了しました。 昨年の反省をもとに、「PDCA(プラ...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ