松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

タグ「信州に暮らす」が付けられているもの

信州に暮らす ~見学会 episode 3 ~ 2015.07.14

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


完成見学会の後にも、エピソードが・・・
今日は、episode 3。

s-DSCN2352.jpg


見学会の翌日以降も、
ウッドデッキの工事や、ガス配管工事、
手すり取付工事、設備工事と、
工事が続きました。

ガス工事屋さんが、最終の点火テストで中に入った時、
「このお宅って、なにか違うんですよね」
「暖かい感じというか、なんというか?」
「何軒も新築のお宅に入ったけれど、それとは違うんですよ」

と、不思議そうな顔をしています。
帰り際に、
「すごく、いい感じなんですよね」
「全然違うんですよ!」
と、玄関から階段付近を見ながら、
首をかしげていました。

営業トークかと思いましたが、
そうではなくて、本当に感じているようです。
ありがたいことです。

信州に暮らす ~見学会 episode 2 ~ 2015.07.12

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


完成見学会の時に、
なかなかおもしろいエピソードがいくつかありました。
今日は、episode 2。

episode 2 :お客さまMさまのお言葉


見学会の2日目、5日にお客さまMさまが、
これから始まる外構工事の打ち合わせに、
東京からお越しいただきました。

s-DSC01655.jpg

自分の家になるお宅ですが、
完成した姿を見るのは、初めて・・・

わたしも、どのような反応があるのか
少し不安だったのですが、

開口一番、
「素敵な家ですね!!!」

外回りを見ながら、
「足場のシートが外れて、全部見たのは初めてです・・・」
「思った以上に、素敵になって・・・」

わたしが「中もどうぞ、ご覧下さい」といっても、
「まず、外をしっかり見たいから」と、
なかなか中に入ってくれません(笑)。

家の中に入った途端、
「わっ!・・・」
「こんなに素敵になったんですね!」
「この家に、本当に私が住むんですか??」
と、感嘆符ばかりで、
これじゃまるで、「さいとうけんちく」の宣伝みたいで・・・



外構屋さんと打ち合わせに入って
また、驚きの声をいただきました。
当日は、天気は曇りで気温はそれほど高くありませんでした。
でも、湿度はかなり高くて、外はたぶん70数%以上でしょう。

ところが、室内は、56%くらい。
外に出て、いろいろな事を決めた後、
中に入ると、
「?? 気持ちいいですよね?」
「外より、湿度低いですよね」
これを何度か繰り返すと、
「この家って、素晴らしく快適!!」
だそうです。


これじゃ、まるで、「さいとうけんちく」の
宣伝じゃん!

でも、お客さまに喜んでいただいて、
それが、一番うれしいです。

わたしからも、
「本当にありがとうございました。こちらの家創りをさせていただいて!」


信州に暮らす ~見学会 episode 1 ~ 2015.07.10

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


完成見学会の時に、
なかなかおもしろいエピソードがいくつかありました。
せっかくなので、少しずつ紹介します。

episode 1 :タカラスタンダード Lady来訪

こちらの「Mさま邸」は、
キッチン、お風呂、洗面台、トイレのすべてが

なので、ショールームでお客さまに商品の案内をしている
アドバイザーさんに、「ぜひ、見に来てね!」と
招待状をお出ししました。

土曜、日曜はショールームもお客さまがたくさんおいでになりますので、
無理のない範囲での来訪をお話ししたところ、
土曜日の営業時間前なら、2名来ていただけることになりました。

s-DSC01654.jpg


建築現場を見る機会の少ない方2名でお越しいただきましたが、
自分の会社で造って、販売している商品が、
どんな風に現場に納まっているのか、
興味津々のようすで、

「ガスオーブンって、こんな感じなんだ!」
「ショールームで見るよりも、大きく見えるね」
「この色も、照明でこんなにきれいな感じになるんだ!」
と、かなり熱心に見ていただきました。


午後になって、
アドバイザーのチーフから、
「今朝行かなかった3名で、これからお伺いしてもいいですか?」

せっかくの機会なので、「是非是非、お越しください」
3名の美女来訪です。

s-DSCN2356.jpg


ご3名様も、
「この色合いは、いいね!」
「シンプルさも、周りの色と会って、いいね!」
「家全体の雰囲気が、いいね!」
と、大絶賛で見学いただき、
恐縮しだいです。


帰り際には、後からお越しいただいた老ご夫婦から、
「まつもとに、宝塚が3人も来ているね!」
とのお言葉。
「はい、うちのトップスター3名に来てもらいました!」

「わしゃ、家は見なくてもいいから、この3人見ているわ!」
と、なかなかおもしろい展開になり・・・

見学会の大盛り上がりに、おおいに貢献していただきました(笑)。



信州に暮らす ~来場御礼!~ 2015.07.09

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~



7月4日、5日の完成見学会に、
多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございました。


特に、4日(土)は、ご近所さま優先のフリータイム見学会にしましたので、
朝9時から4~5名でお越しいただき、
そのままの勢いで、1日ほぼ途切れることなく
忙しく対応させていただきました。

s-DSC01659.jpg


s-DSC01660.jpg



みなさん異口同音に、「時間がかかったねえ~」
最近は、基礎工事から完成引き渡しまで3か月だそうです。
それに比べれば、嶋田棟梁がひとりでやっているし、
ひとつひとつの仕事を丁寧にやっているので、
時間はかかりました。

でも、そのおかげで、「きれいになったねえ~」
「ほかの家と、仕上がりが全然違うよ!」
とお褒めいただき、感謝です。

次に関心のあるのは、
「私に家が見える!!」
みなさん、自分の家がどんな風に見えるのかすごく関心があるようで、
「困る! 丸見えじゃない!」
と、大騒ぎでした・・・


4日には、ご近所さん中心に、24組の来場いただきました。
タカラスタンダードのアドバイザー5名と合わせて、29組。
ちいさな建築会社の見学会としては、大盛況だったと思います。
重ね重ね、ありがとうございました。

s-DSC01657.jpg


s-DSC01656.jpg

信州に暮らす ~いよいよ完成見学会~ 2015.07.03

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


半年以上かけて建築を進めてきた「Mさま邸」
いよいよ、明日明後日、完成見学会です。


今日は、各部屋のカーテンを吊るしてきました。


s-DSC01644.jpg


s-DSC01645.jpg


s-DSC01648.jpg


見違えるほどに、レベルアップと言う感じです。
実力以上でしょうか。

ちなみにカーテンは、「LIXIL ブランシェ」

川島セルコンの超高級カーテンが、お手頃価格で手に入ります。
ぜひ、お試しください。
 

申し込みは、社長携帯電話090-4840-3751か
ホームページ「お問い合せ」からお願いします。


信州に暮らす ~クリーニングと塗装も~ 2015.07.02

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


今週末の完成見学会に向けて、
準備進行中!


「さいとうけんちく」では、完成後のハウスクリーニングを
自社で行っています。
一般的にはクリーニング屋さんにお願いすることが多いと思いますが、
あえて、自社施工です。

s-DSC01639.jpg


掃除中に細かな傷を自分で補修したり、
特に無垢のフロアーについた小さな汚れまで取ったり、
たまに、細かなビスの忘れに気付いてつけたり・・・(笑)

窓の掃除も、プロに比べれば「きれい」に見えませんが、
「お掃除のプロ」は、汚れを落とすのではなくて、
ガラスがきれいに見えるワックスを塗るそうで、
うちでは、きちんと、汚れを落とします。


無垢のフロアーに塗る「自然塗料ワトコオイル」も、
自分で塗ります。

s-DSC01640.jpg


これは、塗装屋さんに塗ってもらっても良いのですが、
素人が塗っても、塗りムラになることがなく、
最後に仕上げを自分でやると、
いっそう愛着がわいてきます(笑)。

ただ、新築まるごと1軒塗っていると、
さすがに時間もかかり、疲れます。
昨日は、13時から床仕上げ掃除をはじめ、
15時からオイルを塗り始めて、塗り終わりは20時半。
くたびれた・・・


今週末の完成見学会まで、あとわずか。
もう少し、頑張りましょう。



信州に暮らす ~ベールをぬぐ~ 2015.06.26

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


12月の建前から、
青いベールをまとった「Mさま邸」


ようやくベールを脱ぎました。


s2-DSC01598.jpg


s2-DSC01596.jpg


自然素材100%の「そとん壁」が、眩しく白いです。
玄関の「無垢カラマツ板貼り」がひかっています。


来週末の、見学会がたのしみ。




信州に暮らす ~そとん壁仕上げ塗り~ 2015.06.21

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


6月18日 外壁「そとん壁」の仕上げ塗りを行いました。

s-DSC01439.jpg


s-DSC01444.jpg


s-DSC01441.jpg


嶋田棟梁の義理の兄「御子柴工業」さんが、丁寧に塗っていただいたおかげで、
思った以上のきれいな感じに仕上がりそうです。


ただ・・・・・


「そとん壁」は、塗った後48時間は、雨に濡れないようにしないといけません。
硬化途中で雨にぬれると、白く変色する「白華」を起すそうです。
梅雨のさなかに、48時間!

そこで、
足場の外にかけてあるシートのほかに
足場の中にも、雨除けのシートをかけて対策しました。


s-DSC01445.jpg


s-DSC01446.jpg


s-DSC01447.jpg


他の外壁材なら、こんなにしなくても大丈夫かと思いますが、
「自然素材100%そとん壁」ですから・・・


翌日、翌々日と雨が降りましたが、
20日に様子を見に行った感じでは、
クラックも、白華もなさそうで、ひと安心です。


でも、雨のために順延になっているあと半分。
ちょっと心配ですが、明日以降は天気がよさそうで、
雨養生はしなくても大丈夫か? それとも、用心のために養生するか?
悩みどころです。



完成見学会まで、あと2週間。

20150705.jpgのサムネール画像

信州に暮らす ~完成見学会のお知らせ~ 

「信州に暮らす」


東京にお住まいの「Mさま」からメールでお問い合わせをいただいてから4年。
新築のお宅が、ようやく完成します。


精一杯、設計し、大工が頑張り、業者さんにも頑張ってもらい、
Mさまにも喜んでいただいている家です。


ですので、多くの方に見ていただきたいので、
「完成見学会」を行います。


20150705.jpg


住宅地のど真ん中なので、駐車スペースが限られています。
「予約制」としますので、よろしくお願いします。

予約は、社長携帯「090-4840-3751」か、
ホーム―ページの「お問い合わせ」から願いします。
問合せいただいたお客さまに、現地に地図をお送りします。


信州に暮らす ~仕上げ工事進行中!~ 2015.06.11

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


6月1日から、嶋田棟梁に加え、私もが壁下地の工事に参戦。
タイベックの上に、胴縁を取り付け、ラス板というモルタル下地の板を貼ります。

s-DSC01366.jpg


お客さまもお気に入りの素材で、左官工事が楽しみです。


s-DSC01325.jpg


左官さんは、嶋田棟梁の義理の兄にあたる、御子柴さん。
そとん壁の施工は、かなりの棟数をこなし、
見ていても安心できます。


s-DSC01369.jpg



家の中では、内装屋さん「タカミ装飾」さんが、
息子さんと一緒に、紙クロスと越前和紙の和紙クロスを貼っていただき、
着々と完成に近づいています。


s-DSC01302.jpg

s-DSC01306.jpg


玄関先は、「無垢カラマツ板」貼り。
今回の塗装は、カラマツの穏やかな色をそのまま出したくて、
三井化学の「ノンロット」を大月さんに塗っていただきました。


s-DSC01317.jpg



着々と仕上げ工事が進み、
ますます楽しみな家になってきています。


魅力満載の「信州に暮らす」の家。
7月5日に、完成見学会を行います。
お近くの方、よろしければお越しください。





信州に暮らす ~もうじき大工工事完成~ 2015.05.19

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


予定では、5月中に大工工事を終え、
6月に、外壁工事、内装工事、建具工事、
電気工事、給排水工事などを進め、
7月に、外構工事屋さんにバトンタッチする予定です。

5月も、いつの間にか下旬!
現場の嶋田君も、最後のラストスパートに入っています。

2階は、棚等を残してほぼ終了。
1階も、階段回りと和室を終え、
いま、キッチンの工事中です。
後は、玄関ホールを残すのみ。

s-DSC01086.jpg

s-DSC01148.jpg

s-DSC01146.jpg

s-DSC01147.jpg

s-DSC01089.jpg


そうだ!まだ、外壁の下地が残ってる!
ここは、来週、私が入って進めるようになりそうです。

おおむね、予定通り!


信州に暮らす ~いよいよ、大詰め~ 2015.04.30

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


3月中旬から4月下旬まで、
新築現場は嶋田棟梁に任せ、
わたしは四賀地区内の急ぎ工事を中心に
大忙しでした。

その為、なかなかMさまのお宅の工事状況を見に行けず、
申し訳なかったのですが、
昨日ようやく休業の現場に顔をだし、
進捗状況を見て来ました。

現在は、「階段」の取付け中。

s-DSC00931.jpg


毎回違う設計で、すこし凝っているので、
嶋田棟梁にも苦労をかけていますが、
もう何度も階段をかけているので、慣れたものです。


1階、2階も、かなり進み、

s-DSC00932.jpg

s-DSC00933.jpg


残るは、階段回りと、1階和室。

s-DSC00934.jpg


もうすこしです。
頑張れ、嶋田棟梁!


お客さまから嬉しいメール
「外構工事の打ち合わせで現場に行ったとき、
近所の方から、『驚くほど丁寧な仕事ぶり』と、
何度も嶋田さんを褒めておられました。
近所の方にそう言っていただくと嬉しいものですね」

本当に、ありがとうございます。




信州に暮らす ~ひのきのフロアー~ 2015.04.07

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


先日、東京からお越しいただいたMさまと、
内装の仕上げの打ち合わせをしました。

2階のフロアーの一部に、
「ひのきフロアー」を貼りましたので、
見ていただきました。

s-DSC00717.jpg


うすいピンク色がすごくきれいな「ひのき」です。
木目も、やさしい感じで、
いつも使っている「からまつ」とは、
一味違います。

s-DSC00718.jpg

Mさまにも「ひのき」「からまつ」共に気にいっていただき、
また、気持ちよく仕事を進められます。
ありがとうございました。


7月上旬の引っ越し日程も決まり、
大急ぎで工事を進めます。



信州に暮らす ~あっという間に・・・~ 2015.03.22

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


わたしが、こちらの現場で仕事をしていたのは、
3月7日まででした。
それ以降は、四賀地区内の細かな仕事を
いろいろやって、
さらに新しいお仕事の打ち合わせをして、
大忙しの毎日でした。

Mさま邸にも、なかなか行くことができずにいて、
嶋田棟梁にお任せ状態でしたが、
先週末、ようやく行ってみると・・・

1階の工事が、どんどん進み、
床の無垢フローリングも貼り進み、
玄関框を入れて、後は玄関、ローカのみ。
早いです。

s-DSC00607.jpg

s-DSC00608.jpg


2階はと言えば、
わたしがやったところでストップ。

s-DSC00480.jpg


こちらも、天井下地、壁下地がほぼ完了しているので、
もし、私がいれば、かなり進んでいるだろうに・・・


もう少し、Mさま邸の仕事を進めたいのですが、
「春本番」が近づくと、いままで待っていたお客さまも
待てなくなって、お仕事が一気に増えそうな感じです。

しっかり、早々に、頑張って、終えて、
なんとか再びMさま邸に戻りたいと思います。



信州に暮らす ~暖かくなって・・・~ 2015.03.03

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


断熱性能の高いサッシ「YKKAP製 APW330」も取付がおわり、
壁の高性能断熱材「ミラフォームλ(ラムダ50mm」も取り付け、
家の中が一気に暖かくなりました。

先日、材料を納入していただいている建材屋さんの営業さんが
現場に顔を出し、開口一番、
「あったかな家だね~」

確かに、サッシを取り付ける前は、
部屋の端から端へと、風が吹き抜けていました。
断熱材を入れる前は、底冷えしていました。
今は、2階で脚立の上に乗って仕事をしていると、
汗ばむほどです。
季節の、春に近づいて、気温も高くなったのも事実ですが・・・

s-DSC00379.jpg


s-DSC00381.jpg


暖かさの秘密のひとつは、
隙間を極力なくしてること。

s-DSC00426.jpg

断熱材と柱や間柱の間にできた隙間は、
コーキングでシールしています。
うちにとっては当たり前の仕事ですが、
営業さんがおっしゃるには、
「こんなに丁寧にやっているところは、久しぶりに見た」そうです。

なんの仕事もそうですが、
「目的」と「手段」を考えれば、
「やるべきことは自ずからわかる」し、
それをしっかりやれば、黙っていても結果はついてくる。

愚直。好きな言葉です。


信州に暮らす ~樹脂サッシAPW330~ 2015.02.16

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


東京から信州・松本に越してこられるMさま。
ご希望は、「暖かい家」です。
だから、サッシは「樹脂サッシ YKKAP APW330」

YKKAPさんの商品説明会でよく披露してくれるのが、
「ドライアイス実験」

サッシの枠にドライアイスを置いて、
極寒の状況を再現して見せてくれます。

s-R0030219.jpg


まずは、一昔前に良く使った「アルミ枠サッシ」

s-R0030223.jpg

ちょっと極端ですが、真冬の朝は、
まさしくこんな感じです。


次は、最近よく使われる「外枠アルミ、内部樹脂サッシ」
さいとうけんちくでも、ここ数年は、このサッシが主流でした。

s-R0030221.jpg

アルミのみサッシよりは、はるかに良いのですが、
見えない部分や、室内のレールが霜になっています。
この様子は、極寒信州の朝と同じ。


最後は、「APW330」樹脂サッシ。

s-R0030220.jpg

ドライアイスにさらされた、非常に厳しい状況なのですが、
まったく結露、霜の被害にあっていません。


これが、さいとうけんちくが、「樹脂サッシ」を選ぶ理由です。


Mさまのお宅でも、順調に「樹脂サッシ」が取り付けられています。

s-DSC00342.jpg

s-DSC00339.jpg

s-DSC00294.jpg

(申し訳ありません。
 新築では、「樹脂サッシ」を標準仕様にしたいと思い、
 できる限りそのように設計・見積もりしております。
 しかし、リフォームについては、お客さまの予算の都合もあり、
 「外アルミ・内樹脂サッシ」がいまだに主流ではあります。
 今後は、できるだけ「樹脂サッシ」を基本にできるよう努めます。
 ご容赦ください。)


信州に暮らす ~断熱材~ 2015.02.05

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


東京から信州・松本に越してこられるMさま。
ご希望は、「暖かい家」ですので、
断熱も、「次世代省エネ基準 Ⅱ地区」にしました。

通常の断熱基準よりも一段高い「次世代」基準で、
しかも松本は、省エネ区分が Ⅲ地区なのに
一段階高い断熱基準の Ⅱ地区仕様にしています。

でも、そのために断熱材の厚みが増え、
施工するには大変なこともあります。

たとえば、屋根の断熱材厚みは 90mm。
普通に屋根垂木の下に固定するところは良いのですが、
桁が交差する部分は、うまくはめることができず、
周囲に追加で断熱材を取り付けて、
断熱性能が弱くならないようにしています。

s-DSC00211.jpg

s-DSC00212.jpg


山と積まれた断熱材も、
少しずつ取り付ければ、
いつかはなくなってゆきます。

もう少し、かかりそう・・・

s-DSC00215.jpg

s-DSC00214.jpg




信州に暮らす ~キレイ!~ 2015.01.19

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


新年の仕事はじめから、早2週間。
とは言っても、嶋田棟梁は、
仕事はじめからインフルエンザで休暇・・・

こればかりは、仕方がありません。
ですから、今年の仕事は実質1週間。

外部の仕事と並行して、内部の床下工事を進めています。
雪の積もった屋根からは、太陽が当たると滴がしたたり落ち、
仕事ができません。
そんな時は、中で仕事を進めてくれていました。

もう、いろいろ言わなくても、
自分の判断で着々とやってくれるので、
わたしも、安心して、他の細かい仕事をこなせます。

細かな仕事の紹介は後ほど・・・

s-DSC00049.jpg


床下で、大引きを支える「束」
基本的に、「ヒバ」「ひのき」を使います。
シロアリの心配が少ない構造ですが、
念には念をいれて。

それにしても、まあ、
キレイなヒバ。
仕上げの材料にもできそう・・・


s-DSC00052.jpg


こんな感じの、穴倉みたいなところでの仕事。
それでも、周囲が囲われて、少しは暖かな感じがしますが、
この日は、外の方が暖かでした・・・


細かな仕事を早く片付けて、
わたしも応援に行かなくちゃ!

信州に暮らす ~本年もありがとうございました~ 2014.12.31

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~

2014年。今年も今日でお終いです。
最後の最後、新築現場の様子を見てきました。

棟梁の嶋田君が、周囲をきれいに片づけてくれていて、
なんの心配もなく、新しい年を迎えられるようになっていました。

それでも、玄関先に「お正月飾り」を備え付け、
殺風景な工事現場にも、
一輪の花が咲きました。

s-R0030787.jpg


工事の方は、「外壁下地」の「タイベック」が貼り終え、
周囲の足場も囲いのシートも貼り終え、
あとは粛々と作業を進める手はずが整っています。

s-R0030788.jpg


軒天下地も少し進み、休み明けには順次順調に進む感じです。


s-R0030790.jpg


まだまだ長丁場。しっかり確かに、進めさせていただきます。




信州に暮らす ~吹雪の中でも~ 2014.12.20

通気断熱WB工法 ~信州に暮らす~


雪で始まった建前は、吹雪でも進行中です。
建前から1週間は、ちょっと別の現場の残り仕事で
留守にしていました。今週から、再び頑張ろうと思っていますが、

仕事を始めると雪が降り始め、
しかも、吹雪・・・

それでも、順調に、外部工事が進行しています。

[ 屋根 ]

野地板も済み、「通気断熱WB工法専用 通気ルーフィング」
雨漏りを防ぎつつ、湿気を逃がす、優れもののシートです。

s-R0030716.jpg

仕上げの鉄板屋根材も、順次工事中。

s-R0030719.jpg

s-R0030723.jpg




[ 外壁下地 ダイライト ]

外壁の下地には、壁の裏側に溜まりやすい湿気を逃がすために、

火山灰から作られたこの製品は、「燃えない」「湿気を通す」「地震に強い」
三拍子そろった素晴らしい製品ですが、
弱点もあります。

釘で止めるときに、釘が潜るほど打ち込まないこと。
釘を打ち込みすぎると、強度が弱くなり、
地震の時に、最大のチカラを発揮しません。

s-R0030728.jpg


言うは簡単。行うは難し。

高圧空気釘打ち機で釘を止めるのですが、
空気圧が高すぎると、すぐに打ち込み過ぎになります。
その時は、近くに補強で釘を打つこと!

s-R0030727.jpg


下の釘は打ち込み過ぎ。
だから、その上に補強で適正な釘を追加しました。

でも、
以外に大変なんです。
コツは、「少し打ち足らないくらいに釘を打って」
     「金槌で少し打ち込む」
ほんとうに、こんな正直に仕事している会社がどれだけあるのでしょうか?
バンバン打ち込むのに比べて、1.5倍から2倍くらい手間がかかります。

来るかわからない大地震が来たときにしか、
この効果はわかりませんが、
やっぱり「バカ正直」なので・・・

建物まわりのダイライトも、ほぼ貼り付け完了。

s-R0030724.jpg

s-R0030715.jpg



年内の目標は、軒天を貼って、
サッシを取り付ける場所をしっかり作って、
1階床下地の準備をする。

無事に、お正月を迎えられるように、
吹雪の中でも、頑張ります!
でも、寒い・・・


2  

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ