松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

プロの誇り 家を建てる技術、想いを感じ取る感性、大切な大工の技術です。

「プロフェショナルとは・・・」
NHK人気番組の最後にプロが語る言葉。

大工が「プロの誇り」と言うと、「かなり頑固な職人気質」で、「素人の私たちの言うことなんか、ちっとも聞いてくれないのでは?」と思われる方も多いのでは。

確かに、昔気質の職人さんには、そんな人もいらっしゃいます。
でも、「建てるのは職人」ですが、「住むのはお客様」「建てた人が満足する家」ではなく、
「住む方が満足する家」そんな家を目指しています。

家を建てる技術は大切です

「欠陥住宅」は論外として、「手抜き住宅」もお客様には迷惑千万。
「技術不足住宅」は、もっと困るかもしれません。

大工の技術は、家の性能に直結するので、
建築会社を選ぶときに、その会社の技術を知ることはとても大切なことです。

大工の技術

インターネットで簡単に調べられないのが、難しいところです。
一番確かな方法は、地元での評判をしっかり調べることだと思います。
すでに建てた人に感想を聞くのは、一番わかりやすいかもしれません。

お客様の望んでいることを感じ取る感性

「こんな家に住みたいなあ」 「あんな家が素敵だなあ」
いろいろな想いがあるのですが、簡単には言葉で表せません。

自分で絵に描いて表現できる人も少ないでしょう。
だからこそ「プロ」に大切なのが、「感じ取る感性」
お客様が何を一番大切に思っているのか。
それをつかみ取らないと、完成して住み始めてから、「?? 何か違うぞ」「こんなはずではなかった!」が出てきます。

図面に表して作りあげる

想いを打合せの中で感じ取って、図面に表して、実際に作り上げる。
大変なことですが、とても大切です。


さいとうけんちく お問合わせ

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ