松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

安心の住まいづくり

家を建てるということは、ほとんどの方にとって初めてのことです。
だからこそ、不安も大きいのでしょう。

「予算はどれくらい必要なのか?」  「しっかり建ててくれるのか?」
「私たちには、どんなプランが良いのか?」

それこそ、不安ばかりが募る中で「家づくり」が始まります。

不安を安心に変える工夫

営業担当者も、施工管理担当者も、アフターサービス担当者も、最初から完成するまで、完成してからも、ひとりでお客様と向き合います。

ですから、「営業に言った、言わない」「監督に言った、言わない」
そんな心配は御無用です。

担当者は、会長と代表取締役社長の私です。

それでも小さい会社じゃ心配

そうですね。
一部上場企業の大きな会社でも、倒産する今の時代。
「もし倒産したら、どこの会社がうちの面倒を見てくれるの?」
そんな不安を解消するために、新築住宅には「住宅かし担保責任保険」が必ず付いています。

住宅かし担保責任保険 (PDFファイル)

小さな会社でも安心できる仕組みがあります。
それより、小さな会社だからこそ、小回りがきいて、お客様のために動けることが多いと思いませんか。


Adobe® Reader™ のダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Readerが必要になります。Adobe社ウェブサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

小さな会社だからこそ

地域にしっかり根を張って、毎日一生懸命仕事をしています。

安心してお任せください「営業所の成績が悪いので、撤退します」
「この地域では、裁判が多くなったので、撤退します」
なんて、ありません。

社長一家も社員さんも、みんな地元で暮らしているので、無責任に、どこか遠くに行くなんてできません。

小さな会社だからこその、大きな安心です。

プランは大切。女性の視点で

暮らしやすい家づくり「さいとうけんちく」の主任設計士は、女性です。
子育て真っ最中の「ママさん設計士:斉藤真由美」がプランのお手伝いをします。

完成した家で一番長い時間を過ごすのは、奥さまです。

そんな奥さまの気持ちや、日頃の使いやすさ、子育てしながらの家事など、自分が毎日の生活で感じていることを、お客さまと一緒に考えて、ご家族にとって一番快適な、暮らしやすい家づくりをお手伝いします。

家を建てるのは、やっぱり、人

まるで、工場で生産されるような家が多くなりました。

自動車くらいの大きさでしたら、工場でも生産できますが、家くらいの大きさになると、必ず現場での仕事が必要です。

人が作りあげる家現場で仕事をするのは、ロボットではなくて、「人」
気持ちを込めてする仕事と、ただ毎日同じことを繰り返す仕事。家の仕上がりは、全然違います。

家づくりに込めた気持は、住む人に伝わります。
スタッフみんなで作り上げる家が、「さいとうけんちく」の家づくりです。


さいとうけんちく お問合わせ

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ