松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

耐震リフォーム 筑北村Oさま邸 耐震補強

| コメント(0)

筑北村で「耐震リフォーム」まっ最中のOさま邸


筑北村では、「耐震補強工事に対する補助金」を申請しての耐震補強工事は初めてだそうです。
Oさまも、筑北村さまも、きっとすごく期待していることと思います。

耐震リフォームにあわせて、お風呂、キッチン、居間、寝室、トイレも
大幅に模様替えして、生活しやすさを格段にアップさせるリフォームを進行中です。

大きく間取を変えますが、大切な柱はなるべく取らないように設計段階で注意しました。
新しく筋交いや構造用合板の耐力壁を追加したり、
今まであった筋交いも、金物で補強したりして、
耐震性能をアップさせ、大きな地震でも倒壊しない目安の「耐震評価 1以上」を実現します。

s-IMG_8781.jpg

ユニットバスの裏側になるところに、
新しい「筋交い」を入れました。


もともとの設計では、となりの古い筋交いを取って、
窓を付けながら、長野県認定の特殊な金物で補強する予定でした。
お風呂を解体したときに、ここに入れた方が強度は増すし、
費用も節約できると判断しました。

先週の金曜土曜で、建築防災協会の耐震診断講習会に出席して、
建築士による解体後の判断がとても大切なことを学びましたが、
実際、解体しないと分からないことがすごく多いです。

s-IMG_8782.jpg

当然、筋交いの端には、補強金物を入れます。
この金物で、引っ張る力にも筋交いは強くなります。
かげに隠れていますが、柱の上下にも、土台と柱をつなぐ補強金物も入れてあります。

新しい筋交い、構造用合板だけではなく、
いままで入っていた筋交いにも、
筋交いと柱、土台を固定する金物。
柱と土台または桁を固定する金物。
別々に入れて、地震の時にしっかり筋交いが効くようにしました。

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
3.11決して忘れるわけにはいかない日です。阪神淡路大震災の1月17日と合わせて...
いよいよ、内部の工事も紹介します。内部は内部で、不思議な場所があって・・・なかな...
「5円」リフォームでは、ありません!!「ご縁」リフォームです!(笑)   この工...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
ここ3日間の松本市の最低気温、最高気温 25日  -8.2℃  -1.2℃ 26...
2018年も、いろいろあります。お客さまから突然の電話。「お湯の配管から、漏水!...
2018年も、いろいろありそうです。今年1年を占うような、最初のお仕事・・・  ...
2018年も始まって早2週間。 会社はお休み中ではありましたが、5日からお仕事し...
「木製玄関デッキを取り替える その1」 では、きれいに作り替えた玄関デッキを紹...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ