松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

浴室リフォーム 松本市Kさま邸 電蝕の原因

| コメント(0)

「電蝕」とは、簡単に言うと、配管に何らかの理由で電気が流れ、
鉄がイオンになって、地中に溶け出す現象です。

問題は、なぜ電気が流れたのか。

こちらのボイラーは、7月に交換するまで、20年近く使用していたようです。
最初の頃は、井戸水も使われていて、
温泉みたいに暖かかったとか。
交換の理由も、ボイラーからの排水配管が腐食していて、
折れてしまったからです。

しかも、ボイラーを取り付けた業者屋さん(うちじゃありません)が、
ボイラーにアースをとっていなかった。

この辺を考えると、
ボイラーの老朽化でわずかな電気が漏電していて、
それが配管を流れて、電蝕したのでしょうか?

配管腐食の原因が、電蝕らしいので、
今回、しっかり「アース」を取付けました。

うちの工事でも、これまで
「ボイラーのアース」には、特に注意を払っていなかったので、
これからお客さまのお宅を回るときには、
ボイラーまわりを注意して見ます。
もし、アースが設置していなければ、
すぐに設置しようと思います。

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
3.11決して忘れるわけにはいかない日です。阪神淡路大震災の1月17日と合わせて...
いよいよ、内部の工事も紹介します。内部は内部で、不思議な場所があって・・・なかな...
「5円」リフォームでは、ありません!!「ご縁」リフォームです!(笑)   この工...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
今週、松本市N地区で始まったリフォーム 「5円」リフォームでは、ありません!!「...
ここ3日間の松本市の最低気温、最高気温 25日  -8.2℃  -1.2℃ 26...
2018年も、いろいろあります。お客さまから突然の電話。「お湯の配管から、漏水!...
2018年も、いろいろありそうです。今年1年を占うような、最初のお仕事・・・  ...
2018年も始まって早2週間。 会社はお休み中ではありましたが、5日からお仕事し...
「木製玄関デッキを取り替える その1」 では、きれいに作り替えた玄関デッキを紹...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ