松本市、筑北村、麻績村、安曇野市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

昨年最後のお仕事 玄関サッシ戸車修理

| コメント(0)

年末少し前に、
「玄関サッシの調子が悪いので、見てもらえませんか?」
と電話いただきました。

ホームページをみて、電話いただいたようです。
数日後にお伺いして、調査したところ、

s-DSCF8149.jpg

s-DSCF8153.jpg

s-DSCF8154.jpg

s-DSCF8152.jpg原因は、「戸車がすり減って、レールから外れる」
しかも、「片側がほとんど無くなっている」
解決策は、「戸車の交換」です。
しかし、

s-DSCF8148.jpg



「日鉄サッシ」という、かなり前に「トステム(現リクシル)」に
吸収されたメーカーのようで、
正規部品もたぶん手に入らない。
戸車も、簡単には取り外せない、
様子でした。

通常なら、できるだけ「正規部品」と取替えるようにしています。
理由は、「長持ちするから」。
今回は、仕方がないので、
「差込型戸車」を「追加します」。

部品入手を待って、12月27日(日)に再度お伺いしました。

s-DSCF8357.jpgせっかく、サッシを取外したので、
普段は掃除できないレールの間を掃除。

s-DSCF8358.jpgこれが、「差込型戸車」。
取外すのが、すごく大変そうな様子だったので、
無理に取外そうとはしないで、
傷んだ戸車の横に、新しい戸車を入れます。

s-DSCF8359.jpg
s-DSCF8360.jpgアルミの下枠をちょっと細工して、
差込型戸車が入る穴をあけます。

s-DSCF8361.jpgその穴に、新しい戸車を差し込めば、
完成!
このタイプの戸車は、外れることがあるので、
ちょこっとビスで固定して、ひと工夫。

お正月前に、無事に玄関引き戸が動くようになって、
喜んでいただけました。
お正月には、感謝の年賀状もいただきました。
良かった、よかった!

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
ご縁があって、「築150年の古民家」をリフォームさせていただきました。 2階のこ...
先週に続いて、「水栓特集」笑 3.Kさま邸 「洗面台のお湯が出ない・・・」 寒さ...
歳のよって、相談事に偏りがあります。 去年は、「ねずみ歳」だったせいか?!^_^...
冬前には、「このサッシは、隙間だらけで寒いから、 暖かくなるサッシに交換して!」...
お正月に帰省した時、「風除室の戸が動き悪いなあ~」と思ったので、帰ってから、戸車...
完成!! 古民家リフォームの2階増室。無垢床をJパネルでつくる。 今回のメインイ...
最近は、「リフォーム」「新築」でも、「真壁(木の柱が壁の表面に出ている)」の工事...
先週1月28日の朝「トイレで水が漏れてる!かなりの量!助けて!!」「これから出勤...
工事の最初は、「下地作り」 ここまで来るには、 こんな感じで、下地材を付けます。...
5年前に、「古民家」の2階に、部屋を増室させていただきました。 その当時は、「1...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ