松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

ネズミの工事が、盛況??  2019.03.08

| コメント(0)

今年1月の「ネズミ対策工事」に引き続いて、
3月も「ネズミ対策工事」です。

 

ネズミ対策のプロ「かわほりプリベント」の山岸さんからの工事依頼は、
実は昨年12月にありました。
でも、瓦が「釉薬瓦」で、めちゃくちゃ滑りやすい瓦です。
さすがに、冬季の工事は危険が大きくて、春まで待っていただきました。

s-DSCF4080.jpg

段違いになった屋根の間の鉄板。
この間から、ネズミが侵入してるようです。

鉄板を取り外してみると・・・

s-DSCN0060 .jpg

s-DSCN0062.jpg

破風板と瓦の間に、6cmもの空間が・・・
おまけのその奥には、壁の下地すらありません・・・
これでは、「ネズミさん、ようこそ!どんどんお入りください」
と言っているようなものです。

しっかり合板でふさいで、隙間には金網を張って、
わずかな隙間には、さらに金網を増し張り。

s-DSC06093.jpg

s-DSC06094.jpg

s-DSC06095.jpg

他にも、瓦の隙間から入り込んでいる場所があり、

s-DSCF4075.jpg

s-DSCF4074.jpg

こちらは、瓦用粘土でふさぎました。

s-DSC06099.jpg

s-DSC06096.jpg

s-DSC06097.jpg

これで、たぶん、きっと、大丈夫!

これまで、「ネズミが入って大変!」との相談を受けても、
「超音波の追いだし器を置いたらどうですか?」
くらいしかアドバイスできませんでした。
今は、
「『ネズミ対策のプロ』がいますから、相談しましょう!」
と言えます。その方の診断通りに対策すると、
ほぼ被害は止まります。
心強い見方ができました。
「かわほりプリベント」の山岸さん、これからもよろしくお願いします。
リンクの画像をご覧になるには、ちょっと注意が必要です(笑)。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
安曇野市のお客さまから電話。 「お風呂の水栓が、しっかり閉まらなくて」
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ