松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

昨日は天井裏、今日は床下・・・ 2019.02.02

| コメント(0)

天井裏と床下。
どちらにも欠かせないものは、
「マスク」

昨日は、某お寺の山門の天井裏でのお仕事。

s-DSCF4252.jpg

s-DSCF4279.jpg


天井裏には、過去に入り込んだ野獣のフン、巣のわら、コウモリのフン・・・
調査に入った時には、マスクをしていなかったので、
後でクシャミ連発。

昨日はしっかりマスクで、
侵入口の穴を埋める作業でした。

s-DSCF4246.jpg

s-DSCF4282.jpg

あえて写しませんが、
侵入口の穴の近くには、
おびただしい量のフンとわら。

s-DSCF4283.jpg

s-DSCF4294.jpg

天井裏から塞げられるところは、
すべて塞いで、
外からでないと塞げられないところは、
外から金網で塞いで、
たぶんこれで、
野獣は入れないでしょう!

今日は、
ご縁のあった輸入住宅のお宅で、
床下の垂れ下がっている断熱材を固定するために
床下で作業。

s-DSCF4153.jpg

s-DSCF4157.jpg

s-DSCF4158.jpg

入っている断熱材は、それなりに厚みもあり性能も高そう。
でも、支えている板が、あまりにもまばらで、
断熱材の垂れ下がっている箇所が多数・・・

追加で板を打ちつけて、

s-DSCF4303.jpg

s-DSCF4309.jpg

しっかり固定できたので、これで断熱材が垂れ下がることは無いでしょう。

マスクをして床下に入ったので、
鼻の中は大丈夫だったのですが、
断熱材(グラスウール)の粉じんがからだ中について、
最初はゴーグルをかけていなかったので目にも入って、
痛痒いやら、涙が止まらないやら、
からだ中、グラスウール粉じんまみれでした。

 

帰宅後、大至急お風呂に入って、粉じんを落としましたが、
それでも、まだ、からだに付いているのか、
「シカシカ」(痛痒い感じのこと)して、
あ~~~、もういや!笑

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ