松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.10.10

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
すみません・・・報告が滞っていました。。。

 

大工工事も順調に進んでいます。
2階はほぼ終わり、
1階の床貼りから窓枠、敷居、鴨居の取付け。

s-DSC04055.jpg

s-DSC04056.jpg

完全な「無垢材」ではありませんが、
無垢集成材に自然塗料を塗ったものを使っています。
昔は、建材メーカーの「樹脂シートを張った合板、木粉固め材」を使っていましたが、
10年程度で「樹脂シート」がはがれてきて、どうにもならなくなって。。。

自然素材は、「ここちがいい」だけじゃなく、
「長持ち」します。
結局、お客さまにとって、将来のメンテナンス費用が少なくて済む、
経済的なおうち!になります。

さいとうけんちくの設計、施工基準は、
「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...
長期休暇のお盆ですが、 日頃できない事務仕事をするには、絶好の機会です。
建築業界では、おおむねお盆の時期は長期休暇になります。 日頃は、お休みが少なくて、「ブラック」と言われることも あるのかもしれませんが、盆正月の長期休みは必須。 だって、お客さまが盆正月に、がたがた仕事することを望みませんから。。。
新規のお客さまから相談。 「家の周りに、細いフンがいつも落ちているんだけれど・・・」
もう少し、まめにアップできると良いのですが・・・(苦笑)
わたしが応援して、 「軒天(屋根の下で、壁から出ている箇所の裏側)」下地 を作っていたのは、すでに10日も前・・・のことですが。
建前から10日。 順調に工事は進んでいます。 嶋田棟梁一人では、工期が厳しいので、 わたしもできる限り応援で仕事させていただいています。

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ