松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.08.12

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
 

建築業界では、おおむねお盆の時期は長期休暇になります。
日頃は、お休みが少なくて、「ブラック」と言われることも
あるのかもしれませんが、盆正月の長期休みは必須。
だって、お客さまが盆正月に、がたがた仕事することを望みませんから。。。

うちも、11日から16日まではお休みです。
ここまで、嶋田棟梁と助っ人山口さんが頑張ってくれて、
かなり進みました。

外回りは、すべてのサッシが入り、決まりがついています。

s-DSC03211.jpg

s-DSC03212.jpg

s-DSC03213.jpg

中も、2階の天井は、下地を組んで石膏ボードも取付完了。
1階も、一部の部屋で、木下地が組み終えていました。

s-DSC03306.jpg

s-DSC03305.jpg

s-DSC03304.jpg

さあ、注目!
サッシを取付けた後に、「防水テープ」を貼りますが、
実は、そのテープの貼り方がすごく大切なんです。

s-img597.jpg

順番1、2、3、のとおり貼って、
しかも、その貼り方にも注意が必要です。
下は「横を短くして、縦を伸ばす」
上は「縦を短くして、横を伸ばす」

 

これは、外壁から万が一、水が入っても、防水テープで
壁の内部に水が入らないようにする、
最終防衛ラインだからです。

実際の窓のまわりの見本は、
s-DSC03217.jpg

建築中の方は、
自分の家の防水テープを確認してみてください。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
長期休暇のお盆ですが、 日頃できない事務仕事をするには、絶好の機会です。
新規のお客さまから相談。 「家の周りに、細いフンがいつも落ちているんだけれど・・・」
もう少し、まめにアップできると良いのですが・・・(苦笑)
わたしが応援して、 「軒天(屋根の下で、壁から出ている箇所の裏側)」下地 を作っていたのは、すでに10日も前・・・のことですが。
建前から10日。 順調に工事は進んでいます。 嶋田棟梁一人では、工期が厳しいので、 わたしもできる限り応援で仕事させていただいています。
建前2日目も順調に進み、 わたしの祝詞で上棟式。
今日は、建前初日。 前日の土台敷きで、柱を素建てするまで完了。
基礎工事完了から、設備工事(水道、下水道工事)、 足場組み立て、建前用資材搬入。 極めて順調に進んでいます。
工事はGW前から解体、 GW中には、地盤調査、地鎮祭。 基礎工事も、今週で終了・・・ 途中の経過は超特急!

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ