松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.08.12

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
 

建築業界では、おおむねお盆の時期は長期休暇になります。
日頃は、お休みが少なくて、「ブラック」と言われることも
あるのかもしれませんが、盆正月の長期休みは必須。
だって、お客さまが盆正月に、がたがた仕事することを望みませんから。。。

うちも、11日から16日まではお休みです。
ここまで、嶋田棟梁と助っ人山口さんが頑張ってくれて、
かなり進みました。

外回りは、すべてのサッシが入り、決まりがついています。

s-DSC03211.jpg

s-DSC03212.jpg

s-DSC03213.jpg

中も、2階の天井は、下地を組んで石膏ボードも取付完了。
1階も、一部の部屋で、木下地が組み終えていました。

s-DSC03306.jpg

s-DSC03305.jpg

s-DSC03304.jpg

さあ、注目!
サッシを取付けた後に、「防水テープ」を貼りますが、
実は、そのテープの貼り方がすごく大切なんです。

s-img597.jpg

順番1、2、3、のとおり貼って、
しかも、その貼り方にも注意が必要です。
下は「横を短くして、縦を伸ばす」
上は「縦を短くして、横を伸ばす」

 

これは、外壁から万が一、水が入っても、防水テープで
壁の内部に水が入らないようにする、
最終防衛ラインだからです。

実際の窓のまわりの見本は、
s-DSC03217.jpg

建築中の方は、
自分の家の防水テープを確認してみてください。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ