松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.07.24

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。
もう少し、まめにアップできると良いのですが・・・(苦笑)

外回りの「軒天」も、わたしの下地の後を受けて、
応援の山口さんにお願いした貼付けも完了。

s-DSC02967.jpg

s-DSC02966.jpg

中では、屋根下の断熱材取付が終わり、
壁断熱材も貼り始め。

s-DSC02963.jpg

s-DSC02962.jpg

屋根下の断熱材を付けると、室内の温度が一気に下がります。
おひさまにあぶられて高温になった屋根からの熱が、
垂木の間の空気層で遮られ、
屋根の通気で室内に熱が伝わりにくくなるからです。

しかも、サッシを付ける前は、室内に光が入りにくくて、
かなり涼しい。
猛暑の中での仕事には、最適です。

それでも、
今週中には樹脂サッシ「YKKAP APW330」の取付け予定です。

s-DSC03023.jpg

s-DSC03024.jpg

いくら断熱性能の良いサッシでも、
室内に光を入れると、光が熱に変わり、
その熱が、断熱性能の良さで逃げにくく、
室内が熱くなりがちです。

高断熱住宅は、夏の暮らし方に工夫が必要です。
光は、すだれやタープなどで、家の外で日除けしてください。

わたしも細かな仕事で飛び回ることが多く、
なかなか現場に足を運べないので、
日曜日にお伺いして、状況を確認して、
ついでに、現場シートを取付けてきました。

s-DSC03021.jpg

建前から1月ちょっとで、ようやく広告シート取付。
ちょっと、遅い・・・苦笑。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ