松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

あやめの街 WB-HOUSE 新築 2018.06.01

| コメント(0)

「 あやめの街 」で、通気断熱WB工法での新築工事が進んでいます。


と言っても、工事はGW前から解体、
GW中には、地盤調査、地鎮祭。
基礎工事も、今週で終了・・・
途中の経過は超特急!

解体工事

s-DSC01840.jpg

s-DSC01841.jpg

s-DSC01887.jpg

地盤調査
s-DSCF1843.jpg

地鎮祭
s-DSC01975.jpg

基礎工事
s-DSC02129.jpg

s-DSC02134.jpg

ベースのコンクリート打ち
 この後、雨も降りだし、調度良いタイミングで
 「暑中養生」になりました。
  (コンクリートの表面が早く乾燥しすぎて、ひび割れ等起さないように
   表面に濡らした状態にすること)

s-DSC02158.jpg

暑中養生すると、表面に「レイタンス」と呼ぶうすい膜ができます。
そのままその上にコンクリートを打つと、
打ち継ぎ目が弱くなるので、取除いた方がよいのです。

基礎工事を担当してもらっている「藤森組」の坪田さんが、
丁寧に取除いてくれていました。

s-DSC02291.jpg

ところで、なぜ、コンクリートは、
「打つ」「打設する」というのでしょうか?
そんなことも知らないで、工事をしていると、
「チコちゃんに叱られる!」笑。

コンクリートは流動体ではありますが、水のようには流れません。
型枠の中で骨材が偏ったり空洞が出来ないようにするために、
バイブレーターなどで振動を与え締め固めていきます。
現在ではバイブレータなどの振動器具がありますが、振動器具のない昔は、
棒状の物でコンクリートを突いたり、木槌などで型枠を叩いて振動を与えていました。
この、突いたり、叩いたりして均一に締め固める作業を"打ち込む"といっていたようです。
ですから、均一でよいコンクリートは、"流し込む"ではなく、"打ち込む、打設する"と言うわけです。
(http://www.o-uccino.jp/kenchikuka/designer_0000000060/blog_0000002159/より転載)

検索すると他にもいろいろでてきます。
不思議に思っても調べもしないで仕事をしていると、
「チコちゃんに叱られる」!
http://www4.nhk.or.jp/chikochan/

 

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ