松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

太陽光発電の恐怖・・・  2017.11.05

| コメント(0)

先週、お客さまから電話。
「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」

 

さっそくお伺いして、天井裏を見てみると、

s-DSCF1468.jpg

s-DSCF1472.jpg

確かにしてます、雨漏り。

s-DSCF1474.jpg

桁に雨漏りの跡が・・・

s-DSCF1486.jpg

s-DSCF1488.jpg

s-DSCF1489.jpg

垂木と野地板の間から、しっかり「雨漏り」しているのを、
発見!

外も、桁と壁に雨漏りのシミがしっかり残っています。

s-DSCF1475.jpg

s-DSCF1476.jpg

さあ、普通なら、屋根の状態を確認して、
雨漏りしている場所を見つけて、
そこを直して、完了!!

となるのですが、

s-DSCF1477.jpg

雨漏りしている場所は、
「太陽光発電パネル」の下・・・・

それでも、照明で照らして、
なんとか原因の場所を探そうとしましたが、

s-DSCF1491.jpg

見つけたのは、なんとなく「普通の瓦の様子と違うかも???」
という場所だけで、
本当にそこが原因なのか、他にもあるのか??
まったくわかりません。

いつも思っているのですが、
「太陽光発電パネル」を屋根の上に載せるのは、
「リスクがある」。

屋根の一番の目的は、「雨を防ぐ」ことで、
「発電」することではありません。
「発電」することを否定しませんが、
「雨漏り」しないようにすることが一番大切。
「雨漏り」しても、すぐに対処できて、修理できることが
「一番大切」と思っています。

お客さまには、
「パネルを設置した業者さんに一時取外しをお願いしますね」
「そうして原因を調べて、修理しますね」
とお伝えしました。

「メリット」には、必ず「リスク」があることも、
考えておいてください。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ