松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

太陽光発電の恐怖・・・  2017.11.05

| コメント(0)

先週、お客さまから電話。
「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」

 

さっそくお伺いして、天井裏を見てみると、

s-DSCF1468.jpg

s-DSCF1472.jpg

確かにしてます、雨漏り。

s-DSCF1474.jpg

桁に雨漏りの跡が・・・

s-DSCF1486.jpg

s-DSCF1488.jpg

s-DSCF1489.jpg

垂木と野地板の間から、しっかり「雨漏り」しているのを、
発見!

外も、桁と壁に雨漏りのシミがしっかり残っています。

s-DSCF1475.jpg

s-DSCF1476.jpg

さあ、普通なら、屋根の状態を確認して、
雨漏りしている場所を見つけて、
そこを直して、完了!!

となるのですが、

s-DSCF1477.jpg

雨漏りしている場所は、
「太陽光発電パネル」の下・・・・

それでも、照明で照らして、
なんとか原因の場所を探そうとしましたが、

s-DSCF1491.jpg

見つけたのは、なんとなく「普通の瓦の様子と違うかも???」
という場所だけで、
本当にそこが原因なのか、他にもあるのか??
まったくわかりません。

いつも思っているのですが、
「太陽光発電パネル」を屋根の上に載せるのは、
「リスクがある」。

屋根の一番の目的は、「雨を防ぐ」ことで、
「発電」することではありません。
「発電」することを否定しませんが、
「雨漏り」しないようにすることが一番大切。
「雨漏り」しても、すぐに対処できて、修理できることが
「一番大切」と思っています。

お客さまには、
「パネルを設置した業者さんに一時取外しをお願いしますね」
「そうして原因を調べて、修理しますね」
とお伝えしました。

「メリット」には、必ず「リスク」があることも、
考えておいてください。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ