松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

大変な仕事・・・  2017.09.25

| コメント(0)

先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、
ありがとうございました!!

 

フェアの広告のため、記事アップが遅れていました・・・
ようやく、数週間前の工事日記をアップです。

 

「大変な仕事」には、いくつかの種類があります。
 ①技術的にすごく難しくて、大変な仕事
 ②予算が厳しくて、大変な仕事
 ③工事期限が短くて、大変な仕事
 ④仕事そのものは難しくないけれど、体力的に大変な仕事

 

今回は、④番です!

s-DSCF1443.jpg

s-DSCF1445.jpg

s-DSCF1442.jpg

さて、何でしょうか?
こちらのお宅は、建築後40年近く経っています。
そのくらい経つと、フローリングの合板が傷み、
根太の間で、ふわ~ふわ~と床がゆがみ、
からだも揺れます(笑)。

こちらでは、「根太」は傷んでいないので、
合板フローリングの裏側に、
新しく合板を貼り足すことで、
ふわ~ふわ~がなくなります・

 

その代り、床下にもぐって、
匍匐前進でひたすら床下を進み、
その場で、上を向いて、板を固定する・・・

 

繰り返すこと、ほぼ1日・・・涙

s-DSCF1446.jpg

左下の地下足袋が、「大変な仕事」の
一端を映しているでしょうか?!

 

半日仕事で、作業することは、よくありますが、
ほぼ1日中、床下に潜っていたのは、数年ぶりか?

 

さすがに、翌日に、背中の筋肉、腰の筋肉、首の筋肉が、
悲鳴をあげていました・・・

でも、この素晴らしい労力のお陰で、
床が、ふわ~ふわ~、しなくなって、お客さまは大満足でした。
ちゃんちゃん!

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
お客さまから電話 「トイレのドアの調子が悪くて・・・」 過去には、「トイレに閉じ込められた!ドアが開かない!!」 なんて電話もありました・・・
天井裏と床下。 どちらにも欠かせないものは、 「マスク」
高齢でひとり暮らしの「Tさま」 お風呂は「薪兼用風呂釜」(灯油を燃やして薪に火をつけて沸かすボイラー) でお湯を沸かして入っていました。
新年早々、困った!のご相談。 「ネズミが天井裏であばれてる!」
たぶん、激動の年になる予感の「2019年」 「さいとうけんちく」でも、始動してい...
「あやめの街」での新築工事。 といって、更新するのは2か月ぶり・・・・ 実は写真も、1週か前・・・・
さいとうけんちくの設計、施工基準は、 「長く暮らせて、メンテナンス費用・冷暖房費用がかかりにくい家」
こまめに「かわら版」を出したり、お客さまのお宅を定期的に訪問したり、「いつでも、...
お盆を過ぎても、真夏のような暑さが続き、 もう、からだが悲鳴をあげています。 そんなときにも、「真冬の準備」
お盆明けの信州は、猛暑から一気に秋へと変わった!と思っていたのに、昨日今日は、再...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ

斉藤建築について

  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • リフォーム施工例

上へ