松本市、安曇野市、塩尻市を中心に、「健康自然住宅」通気断熱WB工法で木造住宅の新築・リフォームをおこなっています。

恐いトイレの修繕 松川村Yさま邸

| コメント(0)
3年前に新築させていただいた、松川村Iさま。
そのお向かいにお住まいのYさまからは、
新築工事中から「うちも直すところがあるからお願いね」
と言われていました。

そのYさまからご依頼でトイレの床の修繕と便器を取り替えることに。

s-R0023051.jpg

10年くらい前に、簡易水洗から水洗トイレに変えたため、
そんなに古い便器ではありませんが、
床が「ぼろぼろ」状態にで、床を直すために「節水トイレ」に交換します。

s-R0025539.jpg

s-R0025542.jpg

床を解体して、びっくり。
普通では考えられないくらいに、傷んでいます。

設備屋さんから、これまたビックリすることが報告されました。

「ブラケットが付けてないんだけど・・・」
便器と排水用の部材つなぐときに、「ブラケット」と呼ぶ部品を付けて水漏れを防ぎます。
この部品が無いと、水どころか、・・・が漏れて・・・。

おまけに、「ブラケット」がトイレの中に置きっぱなしになっていました。

s-R0025543.jpg

と言うことは・・・。前の設備屋さんは、ブラケットをつけ忘れたことを知っていて、
そのまま工事を終えた???のかもしれません。
恐ろしいことです。

とにかく、Yさま邸のトイレのない不便な暮らしを一刻も早く解消するため、
前の工事のトラブルはちょっと横において、大至急工事を進めます。

s-R0025544.jpg


切り取った根太を補強して、

s-R0025545.jpg

合板の下地を張って、

s-R0025556.jpg

クッションフロアー(ビニール製の床仕上げ材)を張って、

s-R0025559.jpg


新しい便器を取り付ければ、工事は終了。
午前8時から工事を始めて、午後2時には工事を終え、新しいトイレが完成しました。

s-R0025562.jpg


ところが、「恐い」のはトイレだけではありませんでした。
トイレの工事中にYさまから相談を受けた「ベランダ」。
こちらは、もっと「恐い」。

s-R0025546.jpg

s-R0025547.jpg


ベランダの床材から漏れた雨で、
ベランダを支える木が腐り始めています。
このまま放置すると、ベランダだけでなく、
家を支える、桁、柱も腐ることになります。

こちらも修繕の方法と、見積りを出すことになりました。
正直、こんな「恐い」お宅を平気で施工した工事会社が信じられません。

皆様も、お気を付けください。

コメントする

工事日記 にはこんなページもあります
先週、お客さまから電話。「雨漏りするけれど、見に来てくれる?」   さっそくお伺...
先日の「秋のタカラフェア」にお越しいただいたみなさま、ありがとうございました!!...
松本市の総合防災訓練が、今年は「四賀地区」で開催されました。 わたしも、「松本市...
何百万、何千万円にもなる、おおきな工事もあります。 反対に、数千円のささやかな工...
お盆前 駆け込みで、玄関戸の戸車交換「網戸が開け閉めしにくくて・・・」見に行くと...
最初に相談があったのは、正月明け早々、「引き戸のガラスが割れた!」 早々に、建具...
4月下旬お客さまのNさまから電話。「屋根が雨漏りして大変!」   すぐにお伺いす...
今の和室・畳の床下は、たいがい「大引き」「根太」「下地合板」で出来ています。 昔...
ことしも、「シロアリ」の羽アリが目立つ季節になってきました。うちにも、何軒かのお...
①、②のお宅とは、別のお客さまのお宅。   こちらも、「ステージ4」 ほぼ中央の...

代表写真

  • 私が伺います!
  • 代表取締役
  • 斉藤一徳

豊かな自然に囲まれた四賀の里でお客様の健康・安心・安全を一番大切に心地よく暮らせる家づくりをしています。

社長紹介

住まいを楽しむ
  • 社長紹介
  • 斉藤建築 社長ブログ
  • 工事日記ブログ
  • わざわ座って、何?
  • リフォーム施工例

上へ